横浜寿町『あしがらさん』上映会+お茶して語る会

2012.09.14 Friday

飯田です。
久しぶりに「あしがらさん」の上映会があります。
場所は横浜の寿町です。
参加費も無料ですし、ご都合つきましたらぜひ。


◆第20回 かながわ地球市民塾
◆『あしがらさん』上映会+お茶して語る会
 
「寿町で観る。語る。…いったい、なにが起こるんだろう」
 
路上発、希望のドキュメンタリー映画『あしがらさん』。あしがらさんは20年以上も新宿の路上で生きてきた。残飯で飢えをしのぎ、心を閉ざして誰とも付き合おうとしないあしがらさん。そんな彼と向き合った作者:飯田基晴監督との物語。
 
この作品を、日本三大寄せ場の一つである横浜・寿町で観る。
そして、街の方と“ゆるーく”語り合う。
 
何が起こるか分からない。ただ、それ以上に何かが生まれそうなこの”ワクワク感”を、是非、みなさんと共有できればと思います。
 
〜この街で、この街の方と、同じ空間で〜
◆「寿公園バザー」やってます。
同日10時から、会場向かいの寿公園でバザーが開催されます。売り子のボランティアとして、街の方とコミュニケーションがとれる貴重な機会です。
興味のある方は、直接公園へお越し頂き、「ボランティアです」とお伝え下さい。
※問い合わせは kdec@npgo.jp まで。
 
 【日 時】 2012年10月6日(土)14:30〜17:00
 【場 所】 横浜・寿町「生活館」2階
                 横浜市中区寿町3-12-2  (石川町駅北口から徒歩6分)
 【対 象】  関心のかる方ならどなたでも
 【定 員】  40名
  【参加費】 無料(カンパ箱を設置します) 
  【事前申込】 不要
  ※会場の都合上、参加者把握のため、お名前・連絡先(電話番号等)をメールアドレスまで頂けると幸いです。
 
 【申込み/お問い合わせ】 
     かながわ開発教育センター(K-DEC)
     Tel:090-1806-8532 (担当:木下理仁)
     メール:kdec@npgo.jp
     ホームページ:http://kdec.npgo.jp/kdec-top.htm 
       ※現地への行き方など、詳しくは、ホームページでご確認ください。
 
 【主催】 かながわ開発教育センター(K-DEC)
 【協力】 寿みんなの映画会

学研の書籍に取り上げてもらいました

2012.02.22 Wednesday

もうひとつ、飯田です。
先日発刊された学研の小中学生向けの書籍「感動する仕事!泣ける仕事!第二期」シリーズの第1巻で、ぼくの仕事のことを取り上げてもらいました。
子ども向けのため写真も多くて気恥ずかしいのですが、主には学校や図書館に入るようですので、子どもたちにドキュメンタリー映画の存在や、ホームレスの人たちのこと、捨て犬捨て猫のことなどを知ってもらう機会になればと思っています。


近況報告

2012.01.23 Monday

飯田です。
1月13日(金)と1月18日(水)の2日間、お茶の水女子大附属中学校で中学2年生を対象に「いのちの授業」を行ないました。今回の授業は、僕にとっても、授業の難しさと面白さを学ぶ貴重な機会でした。
また授業の内容もアップしたいと思います。

合計すると10社くらい取材が入り、学校のほうには対応でご迷惑もおかけしてしまいましたが、こうした授業を広めていくきっかけを作れたかと思っています。
さっそく産経新聞で記事にしてもらい、問い合わせも2件ほど来ています。
ネットでもこちらで読めますので、ぜひご覧下さい。

翌19日からは2泊3日で、被災地の障害を持った人たちの取材で、岩手県の宮古市へ行ってきました。
こちらの取材も毎回、本当にいろんなことを感じます。
僕は映像を作るとき、感じたことを溜め込んで溜め込んで作っていくので、なかなかブログに記したりする気持ちになれないのですが、こちらも多くの方に現状を知って考えてほしいと切に願っています。

20日はNHKのニュース9という番組で、犬や猫のことを取り上げるのに、映画の紹介と電話インタビューを求められ、宮古の取材先でお答えしました。短い時間でしたが、なかなかうまく話をまとめられず苦労しました。

余談ですが、これまでもラジオの生放送などで電話インタビューに答えたことはあるのですが、どうも生放送より収録のほうが意識してしまいます。テレビに出たときも、スタジオよりビデオカメラで取材を受けるほうが、どうも意識してしまいます。
仕事柄、これがあとでどう使われるか、なんてことを考えてしまうせいかもしれません。
でも普段自分が人にやっていることですし、取材を受ける相手の気持ちを考えるには、いい機会かなと思います。

近況報告

2011.10.21 Friday

飯田です。

イベントラッシュもひと段落して、このところブログもツイッターも更新が滞っていました。

僕のほうは、東北関東大震災障害者救援本部というところから依頼を受けて、7月から宍戸くんとともに、福島を中心に障害のある人たちの状況を撮影しています。8〜9月は他で動けなかったのですが、これからまた集中して撮影に取り組んでいく予定です。

ということで、来週は南相馬市に行ってきます。

8/28「ぼくたちは見た−ガザ・サムニ家の子どもたち−」トークショーに参加!

2011.08.26 Friday

飯田です。
8/28(日)に渋谷のユーロスペースで、古居みずえさんの映画「ぼくたちは見た−ガザ・サムニ家の子どもたち−」のトークショーに参加します!
パレスチナの子どもたちの目線から戦争を描いたドキュメンタリー映画です。
昨日ぼくも映画を拝見しましたが、子どもたちの姿、言葉が本当に胸を打つものがありました。
この映画には「まず自分たちに起きた現実を知ってほしい」、そんな子どもたちの思いが込められています。よろしければ、ぜひこの機会にご覧ください。
公式サイト:http://whatwesaw.jp/

ボランティア論という授業

2011.06.18 Saturday

飯田です。
今日は湘南工科大のボランティア論という授業で、ホームレス問題と犬猫の問題の講義をしてきました。
90分でふたつのテーマを扱うのは詰め込み気味ですが、『ホームレスと出会う子どもたち』と『いぬとねことにんげんと』というふたつの教材向けDVDを作ったおかげで、なんとか最低限のことは伝えて考えてもらえたかなと思います。

気がつけばこのボランティア論の授業はもう4年はやらせてもらっていると思います。上映会や少人数のゼミとは違い、大勢の学生が受講する教養科目なので、全員が関心を持って話を聞いてくれるわけではありません。
それだけに映像も講義も学生さんたちに届くかどうか、「勝負!」って感じがします。

まぁ授業で話をさせてもらうと、いつも反省ばかりなんですけど。

来週は立教大でも話させてもらう予定で、大学の授業やイベントが続きます。

明日から仙台へ

2011.04.19 Tuesday

飯田です。
東北の震災後、仙台出身の若い映像仲間・宍戸大裕さんが、地元に戻り被災地の記録を撮り続けています。
毎日のように各地を訪れて、人間の状況に加え、動物の状況も取材しています。
どう発表していくかまだ分かりませんが、本人はドキュメンタリーにしたいという思いを持っています。
僕も今回自分にできることとして、彼の作品を完成まで応援していきたいと思っています。
とりあえず明日の晩から日曜まで向こうへ行って、本人と今後のことなど相談してきます。現地の様子も見てくるつもりです。

3/26 「あしがらさん」足立区上映会

2011.03.04 Friday

飯田です。
東京足立区での「あしがらさん」上映会のご案内です。
トークもします。

*********************
 「あしがらさん」足立区上映会
*********************

日時:3月26日(土) 14時 上映開始
※監督飯田と訪問看護ステーション コスモススタッフの講演あり

場所:足立区梅田地域学習センター 4階 ホール 定員250名
住所:足立区梅田7-33-1  tel 03-3880-5322
料金:1000円
主催:和シネマ 
連絡先:090-1259-3930(岡井) 
Eメール:mh4cv3@bma.biglobe.ne.jp

「あしがらさん」ホームページ

11/6葛飾区にてビデオワークショップ開催!

2010.09.29 Wednesday

飯田です。
すごく久しぶりにビデオワークショップの講師を勤めます。
葛飾区市民活動支援センターで行なう、初心者向けの講座ですが、興味ある方がいましたらぜひご参加ください。

http://www.k-shimincenter.org/service.php?itemid=1075

【日時】11月6日(土)午前10時〜午後5時
【場所】葛飾区市民活動支援センター 多目的室
【定員】15名*多数抽選
【費用】2,000円
【申込】10月30日(土)までに上記URLよりお申し込みください。

お持ちのビデオカメラを実際に使いながら、ビデオ撮影の基本を学びます。Windowsに付属している、一番手軽な編集ソフト「ムービーメーカー」を使い、ビデオ編集の初歩を学び、体験します。
お持ちでない方には貸し出します(一部実費。詳細は直接お問い合わせください。)

■内容
「想いを伝える映像づくり・撮影のコツと編集の基礎」
・参考上映&映像基礎講義 *講師の制作した短いビデオを上映
・個々による撮影の実践
(三脚、ワイドレンズ、外付けマイクの紹介カット割りモンタージュを学ぶ、インタビュー撮影)
・チームで撮影実践
・取り込み、カット編集、特殊効果、ナレーション・タイトル入れ。
・作った映像を視聴する。
・ふりかえり、及び質疑応答。

最近のイベント

2010.03.02 Tuesday

飯田です。
このところ週末にイベント続きで少々息切れして、更新が滞ってました。

2/20(土)はNPO法人自立生活サポートセンターもやいの、こもれびコーヒー3周年記念・『ハウジングプア』『つながり ゆるりと』出版記念パーティに参加してきました。
小ぶりな会場でしたが午前中の「今日も焙煎日和」上映からかなりの人が駆けつけてくれ、午後は入りきらないほどの大変な盛況ぶりでした。
稲葉さん、うてつさんの講演も印象的でしたが、この日大阪から招いた「紙芝居劇むすび」の東京初公演は、おじさんたちの一挙一動に会場が反応し一体となる、素晴らしいものでした。楽しかったなぁ。

2/21(日)はかわさき犬・ねこ愛護ボランティア主催による「犬と猫と人間と」上映会。
午前午後の2回上映で400人近い方が足を運んでくれました。
久しぶりに渡辺眞子さんともトークをすることができてうれしかったです!
また川崎を選挙区とする民主党の城島光力衆議院議員、飯塚正良川崎市議会議員も来場し、ご挨拶とともに映画を観てくれました。城島議員は民主党の中で殺処分をなくすための議連を立ち上げて会長でもあります。映画の国会議員向け試写会に向けて、ぜひご協力頂けたらとお願いしました。

27日(土)は神奈川県逗子市での「犬と猫と人間と」上映会。
主催したOne☆Pawは昨年できたばかりの小さな会だと思うのですが、何と400名以上の方が映画を観に来てくれました!
地元のラジオやケーブルテレビで宣伝したり、チラシもあちこちに配ってくれたようで、宣伝をすごく頑張ってくれたのだと思います。
こういった地域での自主上映会だと、映画館には足を運んでくれない地元の方々も観に来てくれるのがいいですね。映画が広がっているということを実感します。

28日(日)は、ホームレス問題の授業づくり全国ネットの総会に出席。昨年完成させたDVD『「ホームレス」と出会う子どもたち』も好評で広がっています!

今週は6日にアップリンクで菊地由美さんとのトーク、7日におおさかシネマフェスティバル受賞式に出席の予定です。