「どっこい! 人間節 寿・自由労働者の街」について

2017.10.29 Sunday

「どっこい! 人間節 寿・自由労働者の街」、この映画の魅力をどのように伝えればいいかずっと考えていましたが、ようやく僕なりの言葉が見つかりました。

 

これは美しい映画です。

 

「バカやろう!」と怒鳴りながら、相手の哀しみを思いやる気持ち。
自らの弱さを隠すこともしない男たちの生き様。

 

各々が人間存在について語る言葉は、まるでドストエフスキーの小説を彷彿とさせます。
そんな、儚く、美しい映画です。

 

今回は、映画の舞台である寿町にもっとも近い映画館、横浜シネマリンで上映します。
支配人の八幡さんは大の映画好き。昨年寿町でこの映画を一緒に見てからというもの、会うたびに「飯田さん、『どっこい! 人間節』をうちでぜひ上映しましょうよ」と言われ続けました。
もちろん僕も同じ気持ちで、この企画を立てました。

 

シンポジウムでご登壇頂く加藤彰彦さんは、撮影当時、映画の中心場所となる寿生活館の職員であり、撮影スタッフと街の人々の橋渡しの役割も担っていたそうです。野本三吉というペンネームでも活躍し、寿についての素晴らしい著作もあります。


小川プロダクションといえば、日本のドキュメンタリー映画史に燦然と輝く存在で、前期の三里塚シリーズと後期の山形での作品が有名です。
「どっこい! 人間節」はその間に埋もれがちですが、いま、横浜から、この作品の再評価を始められたらと思っています。

 

どうか、その瞬間にお立ち会いください。

 

11/3横浜シネマリン「ハマを見つめたドキュメンタリー映画 ―変わりゆく街、子どもたち」

http://cinemarine.co.jp/yokohama-documentary/

 

映画「日曜日の子供たち」に映っている方々を探しています

2017.10.17 Tuesday

(c)yasuhiro hotta

 

ドキュメンタリー映画「日曜日の子供たち」(1980年/103分 監督:堀田泰寛)は、1972(昭和47)年11月から1975(昭和50)年1月にかけて、鶴見区の小野町付近の海辺の空き地(現在の横浜市鶴見資源化センターの辺りです)にやってくる子どもや大人を撮影した映画です。特に小学生が多く映っており、その子らは現在40代後半から50代になるはずですが、お名前等は一切わかりません。

 

私たちは、11月3日(祝)に横浜シネマリンという映画館で、「ハマを見つめたドキュメンタリー映画 ―変わりゆく街、子どもたち」という特集上映を企画しています。ここで「日曜日の子供たち」を上映するにあたり、ここに映る、かつての子どもたちを劇場にご招待し、一緒に映画をご鑑賞頂けたらと考えております。

 

映画のメインビジュアルに使われている上記の子どもたち以外にも、多く子どもたちが映っています。

ご確認頂けるよう、映画に映る子どもたちの顔写真をまとめありますので、昔そのあたりでカメラを向けられた覚えがある方は、ぜひお知らせ頂けましたら幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

 

連絡先:映像グループ ローポジション (担当:飯田)
    〒231-0033 神奈川県横浜市中区長者町4-10-1-204
    電話:045-228-7996 電話&FAX:045-228-7976 
    E-mail:low-posi@nifty.com

11月16日(木)『コンビニの秘密―便利で快適な暮らしの裏で』上映会

2017.10.17 Tuesday

11月16日(木)『コンビニの秘密―便利で快適な暮らしの裏で』上映会


■上映会詳細
日時:2017年11月16日(木)
開場 18時45分 上映 19時〜21時30分 土屋トカチ監督によるトーク&ディスカッション
定員:40名
参加費:500円(飲食は各自持ち寄り・ゴミは各自持ち帰り)
場所:長者スタジオ 横浜市中区長者町2-5-4-204 ※1Fが「地球の中華そば」のビルの2階
JR 関内駅・石川町駅 徒歩10分 横浜市営地下鉄・伊勢佐木長者町駅 徒歩3分
地図:https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140104/14056490/dtlmap/

 

■主催・申込み
映像グループローポジション
電話:045-228-7996 FAX:045-228-7976 Email:low-posi@nifty.com

 

作品解説  

私たちの生活に欠かせない存在となったコンビニエンス・ストア(コンビニ)。お弁当やお菓子、生鮮食品、日用雑貨を買うだけでなく、公共料金の支払い、宅急便の受け取りなどサービスも多様化し、日本全国で約5万5000店が、年中無休365日24時間営業を行なっています。しかし、コンビニには何の問題もないのでしょうか?


ほぼすべてのコンビニは「フランチャイズ・チェーン方式」の個人営業店ですが、オーナーからは長時間労働と執拗なノルマを本部から強いられているという声があがっています。
アルバイト学生たちからも「自腹で商品を買わされるブラックバイト」と敬遠されるようになりました。
さらに、消費期限が切れる直前の商品が「見切り品」として安く売られることはなく、まだ食べられる食品の多くが廃棄されています。便利さと快適さの裏側で、私たちが失ってしまっているものとは?コンビニを通して、私たちの社会のしくみ、生産と消費、労働のあり方を考えます。

 

【監督】土屋トカチ 

【監修・取材】古川琢也(ルポライター) 【製作】NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)
【取材協力】コンビニ加盟店ユニオン/ファミリーマート加盟店ユニオン/NPO法人ノーソンくらぶ
 株式会社日本フードエコロジーセンター/首都圏青年ユニオン/ブラックバイトユニオン
 近藤惠津子(CSまちデザイン理事長)/中野和子(弁護士、コンビニ・フランチャイズ問題弁護士連絡会事務局長)
 鈴本一郎(仮名、元大手コンビニ社員)/上西充子(法政大学キャリアデザイン学部教授)
 石川一喜(拓殖大学国際学部准教授)/関 良基(拓殖大学政経学部准教授)/ナスシ

 

予告編