湯本雅典作品一挙上映!

2008.11.10 Monday

先日お伝えしたVIDEO ACT! ドキュメンタリー祭では、湯本雅典さんの作品集の上映もあります。「学校を辞めます −51才の僕の選択−」で、数多く受賞した湯本さんの他の作品も観ることができる貴重な機会です。
ご本人もトークで来場するということで、作品を通じて湯本さんの生き方に触れるようなイベントになると思います。(飯田)

VIDEO ACT! ドキュメンタリー祭【案内ページ】
VIDEO ACT! ドキュメンタリー祭【予告編】

上映日時:11月30日 16時30分 
  場所:渋谷・アップリンクファクトリー

●「日本軍がたどった南京への道をゆく」2001年 16分
 小泉首相が初めて靖国神社を参拝した2001年8月13日、僕は中国・南京を旅していた。そこで聴いた中国人の生の声から、歴史の真実と現在社会の矛盾が見えた。

●「憲法が消えた −東京都の学校で起きたこと−」2005年 13分
 僕は小学校の英語教育についての意見を新聞に投書した。それが理由で転勤命令。学校から憲法が消えつつあることを実感した現場ルポ。

●「南京との再会 −時代の河をさかのぼる旅−」2008年 13分
 2006年に僕は学校を自主退職した。その年、教育基本法が「改正」。僕は日本を逃げるようにして南京に向かう。そこで戦時中南京で働いていた元従軍看護婦に出会う。

●「放課後 −子ども達は生きている−」2002年 14分
 子ども達にとって「放課後」は、強制されない自由な時間、宝物のはず。その「放課後」、街の空き地から子ども達の姿が消えた。子どもの生活は、どう変わったのか?

●「学校を辞めます −51才の僕の選択−」2006年 16分
 僕は学校を辞めた。辞めたくはなかった。辞めることなど、想像もしていなかった。退職の過程の一年半、僕は自分を撮り続けた。
  東京ビデオフェスティバル2007 優秀作品賞
  東京ネットムービーフェスティバル2007 一般部門優秀賞
  ふかやインディーズムービーフェスティバル07 深谷シネマ館長賞
  2008年ヒューマンドキュメンタリーコンテスト 最優秀賞

●「じゃがいもじゅくのつばさくん」2008年 14分
 学校を辞めた僕は、私塾「じゃがいもじゅく」を始めた。そこで出会ったつばさくん。その出会いは、僕の第二の学校生活の始まりだった。
JUGEMテーマ:映画


もやい緊急カンパキャンペーンご協力のお願い

2008.10.07 Tuesday

飯田です。
ドキュメンタリー作品「今日も焙煎日和」の舞台でもある、NPO法人自立生活サポートセンターもやいが、主な後援先企業の破産に伴い、緊急カンパを呼びかけています。
もやいは、路上・施設・病院など「ホームレス状況」にある人たちが、地域で新たな生活を送るための手伝いをするNPOです。

現在、もやいのHPはアクセスが集中して繋がりにくいようですので、詳細は下記にてご覧下さい。

東京ボランティア・市民活動センター情報サイト
中日新聞記事(2008年10月5日)

第一回ホームレス問題の授業づくりセミナーのご案内

2008.10.06 Monday

11月に「ホームレス問題の授業づくり全国ネット」の第一回総会とホームレス問題の授業づくりセミナーを行います。
特に授業づくりセミナーはかなり内容充実したものになると思いますので、関心ある方はぜひご参加下さい。(飯田)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第一回ホームレス問題の授業づくりセミナーのご案内

 いま日本各地で、子ども・若者たちによる「ホームレス」への襲撃事件が起こっています。
 格差と貧困・福祉の切り捨てが進む中、多くの人が安心できる「ホーム」を失い、「ホームレス」となりました。しかし多くの大人は「自己責任だ」「怠け者」という差別と偏見の視線を投げ、それを感じた子どもたちがストレスのはけ口を求めて襲撃しています。学校はこの現状を無視して、授業で取り上げようともしてない・・・このような社会のあり方を変え、あらゆる命・人権を尊重する、「ホームレス」も子どもも若者たちも安心して生きていける社会を実現するためには「ホームレス問題の授業」を至急、教育の現場で実践していくことが必要であると私たちは考えます。
 「ホームレス問題の授業づくり全国ネット」は、これまで「ホームレス」問題にかかわりながら、支援者、ジャーナリスト、学校教員等、それぞれの立場から学校での「ホームレス問題の授業」に取りくんできた有志の集まりです。私たちは、今、学校で実践したい授業を実施し、互いに分かち合い、その成果を全国に発信するために、第1回の全国セミナーを開催します。
ぜひ多くの方に参加していただきたく、ご案内申し上げます。

主催:ホームレス問題の授業づくり全国ネット
 呼びかけ人:生田武志・北村年子・清野賢司・飯田基晴(映像ジャーナリスト)
 http://www1.odn.ne.jp/~cex38710/class-homeless.htm

日時:2008年11月24日(月・振替休日) 9:30~16:40
会場:豊島区立生活産業プラザ多目的ホール
  (電話:03-5992-7011 東京都豊島区東池袋1-20-15 池袋駅東口下車徒歩5分)

タイムテーブル
 9:30~10:30総会
 10:50~16:40授業作りセミナー
  『数字を足したら100になる』アイスブレイク
  『クイズ・どうして生活しているの?』
   (1)考えてみよう……「カマやん」4コマ漫画から
   (2)How Much?……ラインクイズ
  『なぜ野宿になるの? 〜社会の構造を知ろう〜』
  『私たちのくらしと‘ホームレス’』
   (1)『何か変だな』フォトランゲージ
   (2)『シェルター建設をめぐって』ロールプレイ
  『当事者に聞いてみよう』インタビュー
  『「ホームレス」襲撃事件はなぜ起こるのか?』
   (1)野宿者を襲う子どもたち
   (2)「なぜ?…野宿者襲撃・いじめ」ウェビング
  『わたしにぼくにできること』ふり返り

<実際にワークショップ形式の授業として行い、申込み先着40名まで「生徒役」で参加できます>

講師
・生田武志 (野宿者ネットワーク 著書『ルポ最底辺―不安定就労と野宿 』ちくま新書ほか)
・北村年子 (フリージャーナリスト 著書『大阪・道頓堀川「ホームレス」襲撃事件』太郎次郎社ほか)
・清野賢司 (東京都教員 NPO法人TENOHASHI事務局長 中学校社会科公民的分野教科書執筆者)
・他に、路上生活当事者・「ホームレス」問題の授業を実践している先生が講師を務めます。

申込み
 氏名・連絡先(できればメッセージも)を明記の上、下記にお申し込み下さい
  メール homelessmondai@yahoo.co.jp
  電 話 090−8795−9499(野宿者ネットワーク)  FAX 03-3389-0675
 (締め切り/11月20日・木)

参加費 1000円(会場にて集金)

「フツーの仕事がしたい」完成記念試写会 本日!

2008.06.05 Thursday

JUGEMテーマ:映画

いよいよ「フツーの仕事がしたい」の記念すべき完成記念試写会が本日となりました。
4日夕刊の毎日新聞に記事が掲載されたことで、夕方からローポジ事務所にはかなりの数の問合せが来ています。
今の日本社会で、多くの方が労働のあり方を見直していく必要を感じているのでしょう。

毎日新聞の記事はweb版でも見られます。以下、
映画:人らしく生きたい 現代版「蟹工船」、あすドキュメンタリー上映

それでは本日夜、多くの方のご来場をお待ちしています。(飯田)

「あしがらさん」 6/1(日) 東京 練馬上映!

2008.05.23 Friday

あしがらさんチラシ

上映会&シンポジウム「でも、私はここで生きている−『ホーム』を求めて」

 日時:6月1日(日)18時30分開場 19時開演 
 会場:大泉学園ゆめりあホール(西武池袋線・大泉学園駅北口より徒歩1分)
 参加費:500円
 申込/問合せ:かとうぎ桜子事務所 (03−3978−4154)
        sakurako_happy_society@yahoo.co.jp
 申込は氏名、住所、電話、ご希望枚数をお知らせください。

 <シンポジウム出演予定>
  飯田基晴(監督)
  北村年子(ルポライター『大阪・道頓堀川「ホームレス」襲撃事件』)
  清野賢司(東京都教員 路上生活者支援団体「TENOHASI」事務局長)
  かとうぎ桜子(練馬区議会議員)
JUGEMテーマ:映画


「フツーの仕事がしたい」完成記念試写会

2008.04.30 Wednesday

フツーの仕事がしたい・ロゴ

現在制作中の
映画「フツーの仕事がしたい」
最終構成版・完成記念試写会の日程が決定しました。

日時:2008年6月5日(木)18時45分開場 19時30分上映開始
ところ:東京・なかのZERO視聴覚ホール
参加費:1,000円

監督である私、土屋トカチ及び制作関係者の舞台挨拶もあります。
お誘いあわせの上、お越し下さい。

また、この日に上映する最終構成版の編集作業を
現在行っております。
なにぶんインディーズ制作・上映ですので資金がかかります。
カンパも募っておりますので、よろしくです。

映画の詳細やカンパ方法についてはこちらです。


JUGEMテーマ:映画

もやい「今日も焙煎日和」関連

2008.03.22 Saturday

中日新聞で「今日も焙煎日和」の舞台であるNPO法人もやいについての連載記事が出ています。もやいに関わる一人一人の思いや事情の分かる記事になっています。
今日の記事では「今日も焙煎日和」についても触れられて、さっそくこちらにも問い合わせが来ました。
連載はなんと15回の予定だそうです。
下記のURLでも記事を読めます。

*中日新聞ウェブ版「結いの心」
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/yui_no_kokoro/

東京新聞でも29日以降に掲載されるようです。
(飯田)

CSで「フツーの仕事がしたい」放映

2008.02.27 Wednesday

フツーの仕事がしたい・ロゴ

土屋トカチです。

現在制作中の映画「フツーの仕事がしたい
初期編集バージョン「労働者は奴隷か!」(21分)が
映画「フツーの仕事がしたい」のショートバージョンとして、
CSで放映されることになりました。

扱いとしては、映画「フツーの仕事がしたい」の
ショートバージョンですが、内容はほぼ変わっていません。
ほぼ、ノーカットで放映されます!
とはいえ、上映されたことはまだまだ少ないですから
この機会は、大変有難いです。
ちょっと長めの予告編という感覚で
是非、ご覧下さい。
(・・・とはいえ、私はCSを観れる環境にありません。残念・・・。)

番組の冒頭とまとめで
私、土屋トカチも登場しコメントする予定です。

CSチャンネル「朝日ニュースター」
■2008年3月3日(月) 朝6:40〜6:55(番組「朝ジャ!フリーJ」)にて、
ショートバージョン 「フツーの仕事がしたい」 第一部 

■2008年3月10日(月) 朝6:40〜6:55(番組「朝ジャ!フリーJ」)にて
ショートバージョン 「フツーの仕事がしたい」第二部 

2週に分けて放映予定です。


再放送は、
月曜 朝7:40〜7:55、火曜 朝7:10〜7:25、
土曜 朝5:00〜5:13、日曜 朝5:00〜5:13 とのことです。

「今日も焙煎日和」鎌倉上映

2008.02.23 Saturday

NPO法人もやいのコーヒー焙煎プロジェクトを描いたドキュメンタリー作品
『今日も焙煎日和』が、今度は鎌倉で上映されることになりました。
当日は僕も行きますし、もやい焙煎メンバーもやって来て、コーヒーの試飲と販売も行います。お近くにお住まいの方は、よろしければぜひお越し下さい。(飯田)

『今日も焙煎日和』上映会
2008年3月9日(日) AM11:20〜12:20
会場:カトリック由比ガ浜教会
入場無料
主催:カトリック由比ガ浜教会福祉部・社会部

朝日新聞に載りました

2008.01.25 Friday

土屋トカチです。

本日1月25日付朝日新聞朝刊に
私も関わっている
ユニオン・チューブの記事が掲載されました。

ユニオン・チューブとは、ユーチューブを参考にした
労働問題を中心とした動画投稿サイト。
現在、90ほどのコンテンツが
アップされています。

恥ずかしながら、ローポジ事務所のパソコン前で笑う
私の写真も掲載されています・・・・。
あまりブサイクな面をさらしたくはないのですが、
ユニオン・チューブへのアクセスが増えるためなら
仕方ないですしょんぼり

記事には、ユニオン・チューブで知り合った
タクシー運転手・あっきゃんの白い靴闘争、
東京東部労組の紳士服コナカ闘争も紹介されています。
ともに、ユニオン・チューブに関連動画が
掲載されています。

朝日新聞及び、ユニオン・チューブを
チェックしてみてください!

レイバーネット内のこちらでも、記事が読めます。