第12回大倉山ドキュメンタリー映画祭にて「和力」上映!

2019.03.08 Friday

 

まもなく第12回大倉山ドキュメンタリー映画祭が開催されます。
僕は2010年の第3回にゲストで招かれて、その翌年実行委員会に入ったので、気がつけばちょうど10回目の参加となります。
よく続けてきたなぁと思います。

今年は久しぶりに自分の作品を上映してもらいます。

 

 

「和力」は僕にとって初の音楽ドキュメンタリーで、思い入れもあり、気に入っている作品ですが、DVD販売が中心で、なかなか上映の機会がありませんでした。

今回は伊勢さんの「朋あり。」と並べて上映し、両作品の音響を手がけた米山靖さんを迎えての録音技師トークもあります。

音楽好きな方には、この機会にぜひご覧頂けたらと思います。

 

また今回上映する「水俣   患者さんとその世界」も僕にとって思い入れのある作品です。学生時代に初めて観たドキュメンタリー映画のひとつで、それは僕にとって「観た」という言葉では言い表せぬような「体験」でした。

僕がドキュメンタリー映画の力を信じるのは、この体験があるからだと思っています。

この映画祭に関わるようになってからは、いつかこの作品を上映したいと思い続けてきました。

 

 

もちろん、他の作品も、どれもご覧頂きたいものばかりです。

気持ちのよい映画祭になるよう、実行委員会一同取り組んでいます。

よろしければぜひ足を運んでください。

 

大倉山ドキュメンタリー映画祭公式ブログ

http://o-kurayama.jugem.jp

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL