山梨県の犬の多頭飼育現場の終息

2018.08.03 Friday

飯田です。映画「犬と猫と人間と」で取材した山梨県の犬の多頭飼育現場から、ついに犬がいなくなり、終息を迎えました。

何代にもわたり現場に関わり続けてきた帝京科学大の学生さんたちが、その経緯をブログで詳細に報告しています。
あわせて、9月に現場のことをあらためて伝える写真展を開催するとのことです。

 

僕が取材に訪れたのは、2006年11月から2007年4月でした。
2009年の映画の完成時点でも100匹以上の犬がいましたし、いったいここがどうなってゆくのか、正直検討がつきませんでした。

小林さんと学生さんたちが犬の世話を続け、時間とともに少しずつその数が減ってこのようになったのだと思います。

 

 

 


ぜひその学生たちの報告に目を通してもらえたらと思います。
またお近くの方はぜひ写真展にも足を運んでみてください。

 

山梨県・犬の多頭飼育問題
http://tatou0225.blog81.fc2.com/

 

 

 

スポンサーサイト

2020.09.20 Sunday

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL