6月3日(日)大阪・釜ヶ崎にて「あしがらさん」上映

2018.05.18 Friday

飯田です。大阪で映像制作をしている武田倫和さんが以下のイベントを企画してくださいました。

武田さんはドキュメンタリー映画「南京 引き裂かれた記憶」などを監督しています。
参加費無料 (投げ銭歓迎)なので、ぜひお気軽にご参加ください。

釜ヶ崎での「あしがらさん」上映、僕もとても楽しみです。

この日は会場の禁酒の館で「あじさいまつり」というイベントも開催されているそうです。

 

−以下、転送転載歓迎−

 

第2回 監督この1本!

現在活躍されているベテラン、若手の映像作家を招いて、監督が選んだ1本を上映。上映後に監督とおおいに語り合います。

 

2018年6月3日(日)  14:30開場   参加費無料 (投げ銭歓迎)

 

飯田基晴(いいだ もとはる)
1973年横浜生まれ。横浜在住。1996年より新宿でボランティアとして野宿の人々と関わる。98年よりドキュメンタリーを中心にさまざまな映像制作を行う。06年映像グループ ローポジションを立ち上げる。監督作品として、「あしがらさん」(02年)、「今日も焙煎日和」(07年)、「犬と猫と人間と」(09年)、「逃げ遅れる人々 東日本大震災と障害者」(12年)。プロデュース作品として、DVD「『ホームレス』と出会う子どもたち」(09年)、「犬と猫と人間と2 動物たちの大震災」(13年)、「飯舘村の母ちゃんたち 土とともに」(16年)。著書「犬と猫と人間と いのちをめぐる旅」(10年)。

 

<上映作品>
「あしがらさん」(2002年/73分)

 


あしがらさんは20年以上も新宿の路上で生きてきた。残飯で飢えをしのぎ、心を閉ざして誰とも付き合わない。
 あるときあしがらさんの笑顔に触れた作者は「このひとをもっと知りたい」そんな気持ちでカメラを回し始める。
ポツポツと語られる言葉に耳を傾け、二転三転する状況に寄り添う。 
撮る者と撮られる者、3年におよぶ撮影でいつしか生まれた信頼が、思いもかけない変化をもたらす。
 新たな人生を歩み出したあしがらさんの姿は、私たちに微笑みと希望を与えてくれる。
それは「人生とは?希望とは?人とのつながりとは?」と静かに問いかけているのかもしれない。

公式サイト:http://www5f.biglobe.ne.jp/~ashigara/
予告編:https://youtu.be/HpDxDto4sUA

 

<スケジュール>
14:30 開場 
15:00 上映 
16:30 監督トーク
18:00 監督を交えた懇親会

 

<会場>
NPO法人釜ヶ崎支援機構 禁酒の館(大阪市西成区萩之茶屋1丁目9-27)

 

<連絡先>
080-3037-0972 nomadic118@yahoo.co.jp

主催:ノマド・アイ/EARTH

 

<懇親会会場>
EARTH(大阪府大阪市西成区太子1-3-26)


食事は準備します 飲み物はお店に注文よろしくお願いします 
参加時に一品持ち寄っていただければありがたいです
皆さんお気軽にご参加ください

 

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL