映画「日曜日の子供たち」に映っている方々を探しています

2017.10.17 Tuesday

(c)yasuhiro hotta

 

ドキュメンタリー映画「日曜日の子供たち」(1980年/103分 監督:堀田泰寛)は、1972(昭和47)年11月から1975(昭和50)年1月にかけて、鶴見区の小野町付近の海辺の空き地(現在の横浜市鶴見資源化センターの辺りです)にやってくる子どもや大人を撮影した映画です。特に小学生が多く映っており、その子らは現在40代後半から50代になるはずですが、お名前等は一切わかりません。

 

私たちは、11月3日(祝)に横浜シネマリンという映画館で、「ハマを見つめたドキュメンタリー映画 ―変わりゆく街、子どもたち」という特集上映を企画しています。ここで「日曜日の子供たち」を上映するにあたり、ここに映る、かつての子どもたちを劇場にご招待し、一緒に映画をご鑑賞頂けたらと考えております。

 

映画のメインビジュアルに使われている上記の子どもたち以外にも、多く子どもたちが映っています。

ご確認頂けるよう、映画に映る子どもたちの顔写真をまとめありますので、昔そのあたりでカメラを向けられた覚えがある方は、ぜひお知らせ頂けましたら幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

 

連絡先:映像グループ ローポジション (担当:飯田)
    〒231-0033 神奈川県横浜市中区長者町4-10-1-204
    電話:045-228-7996 電話&FAX:045-228-7976 
    E-mail:low-posi@nifty.com

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL