「夜明け前の子どもたち」を観て

2017.03.04 Saturday

飯田です。遅ればせながら、今年の大倉山ドキュメンタリー映画祭の上映作品「夜明け前の子どもたち」を観ました。

 

なんだか呆然としています。

 

1968年、いまから49年も前に作られた映画です。見た目は作りが古く思えることもあります。でもそれ以上に、「若々しく」感じられるのです。

 

もしかしたら、私たちはちっとも進んでいなくて、「映画」も「福祉」も見た目ばかりよくなって、本質的なところでは衰えているんじゃないか? わかったふりばかりしてるのではないか? そんな疑念が矢継ぎ早に浮かんでしまいました。

 

「存在に向き合う」、それは福祉でも映画でも、根源的な姿勢だと思います。

そこに立ち向かい、道を切り開くのだという意思が、この映画にはみなぎっています。

 

あなたたち、なにか大切なことを忘れていませんか?

 

そんな問いかけを映画から受け取った気がしてなりません。

 

大倉山では3/25に上映します。

http://o-kurayama.jugem.jp

 

偶然の一致ですが、下高井戸シネマで毎年行われている、優れたドキュメンタリー映画を観る会でも、今年の上映作品に選ばれています。

http://www.shimotakaidocinema.com/schedule/tokusyu/doc.html

 

いまの時代に見直すことを求められる作品なのかもしれません。

 

ご都合つきましたらぜひご覧ください。

多くの方とこの映画を分かち合えたら嬉しいです。

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL