特集上映 「ハマのドキュメンタリー映画作家たち」

2016.06.04 Saturday

映像グループ ローポジションを立ち上げて、今年でちょうど10年になります。

一緒に作品を作った宍戸大裕さん・古居みずえさん、
横浜在住の作り手仲間・土井敏邦さん・三浦淳子さん・中村高寛さん、
ご近所の横浜シネマリンにもご協力いただき、10周年を記念した上映イベントを行います。

計13作品を7つのテーマで新たに捉えなおし、トークを交え、7日間にわたって上映します。

初日の7/16には交流会も予定しております。
ぜひご参加頂けましたら幸いです。




7つのテーマで7日間、「今・ここ・私たち」を見つめる。
映像グループ ローポジション10周年を記念して、
ローポジション製作の長編ドキュメンタリー作品7本に、
横浜在住のドキュメンタリー作家3名の6作品を加え、計13本の特集上映です。


日時:2016年7月16日(土)〜7月22日(金) 午後2〜3回上映
場所:横浜シネマリン
料金:一般1,200円 シニア/学生/障がい者1,000円 3回券3,000円
主催:映像グループ ローポジション
協力:横浜シネマリン土井敏邦、中村高寛、三浦淳子、宍戸大裕、古居みずえ
助成:横浜市地域文化サポート事業・ヨコハマアートサイト2016

<上映作品>
全13作品(12プログラム)
あしがらさん』2002年/73分 監督:飯田基晴
フツーの仕事がしたい』2008年/70分 監督:土屋トカチ
犬と猫と人間と』2009年/118分 監督:飯田基晴
タケオ ダウン症ドラマーの物語』2011年/76分 監督:常田高志
逃げ遅れる人々 東日本大震災と障害者』2012年/74分 監督:飯田基晴
犬と猫と人間と2 動物たちの大震災』2013年/104分 監督:宍戸大裕
飯舘村の母ちゃんたち 土とともに』2016年/95分 監督:古居みずえ
※以上、映像グループローポジション製作(制作協力も含む)

“記憶”と生きる』(147分版) 2015年/147分 監督:土井敏邦
異国に生きる 日本の中のビルマ人』2012年/100分 監督:土井敏邦
さなぎ〜学校に行きたくない〜』2012年/103分 監督:三浦淳子
孤独の輪郭』1996年/53分 +『枇杷の実待ち』2004年/33分 監督:三浦淳子(同時上映)
ヨコハマメリー』2006年/92分監督:中村高寛




<上映スケジュール>
●7/16(土)「
路上
12.30〜『あしがらさん』
14.10〜『ヨコハマメリー』
15.50〜 トークショー 飯田基晴×中村高寛

●7/17(日)「
働く
12.30〜『フツーの仕事がしたい』
14.10〜『異国に生きる 日本の中のビルマ人』
16.00〜 トークショー 土屋トカチ×土井敏邦

●7/18(月・祝)「
成長
12.30〜『タケオ ダウン症ドラマーの物語』
14.10〜『さなぎ 〜学校に行きたくない〜』
16.00〜 トークショー 常田高志×三浦淳子

●7/19(火)「
ローポジ初期作
12.30〜 『あしがらさん』
14.00〜 『フツーの仕事がしたい』
15.25〜 『タケオ ダウン症ドラマーの物語』

●7/20(水)「
記憶
12.30〜 『枇杷の実待ち』+『孤独の輪郭』 
※上映順は「琵琶の実待ち」が先になります。(7/6追記)
14.05〜 『”記憶”と生きる』
16.35〜 トークショー 三浦淳子×土井敏邦

●7/21(木)「
人間と動物
12.30〜 『犬と猫と人間と』
14.45〜 『犬と猫と人間と2 動物たちの大震災』
16.35〜 トークショー 飯田基晴×宍戸大裕

●7/22(金)「
原発事故
12.30〜 『逃げ遅れる人々 東日本大震災と障害者』
14.10〜 『飯舘村の母ちゃんたち 土とともに』
15.55〜 トークショー 飯田基晴×古居みずえ

■7.19(火)上映後は、飯田基晴×常田高志×土屋トカチによる舞台挨拶がございます。
■トークショーは、特集上映当日券お持ちの方はご入場いただけます。

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL