12/20(土) 大阪 子どもたちと野宿経験者による野宿者襲撃を考えるイベント開催

2014.12.12 Friday

飯田です。僕も関わっている「ホームレス問題の授業づくり全国ネット」で以下のようなイベントを開催します。
とても充実した内容ですので、お近くでご興味ある方はぜひ。


子どもたちと野宿経験者による野宿者襲撃を考えるイベント
『ホームレス』と出会う子どもたち 〜襲撃事件の背景にある問題〜

日時:12/20(土) 14時〜17時
場所:西成プラザ(太子福祉館) 大阪市西成区太子1-4-3 太子中央ビル3F
定員:40名
料金:大人1000円 大学生500円 高校生以下無料
主催:一般社団法人ホームレス問題の授業づくり全国ネット 
参加方法:こちらよりフォーム記入をお願いします  http://urx2.nu/f8Ij
イベントチラシはコチラ

<イベント内容>
◆襲撃問題についての生田武志による講演
◆DVD「『ホームレス』と出会う子どもたち』」特別上映
◆山王こどもセンターの子どもたちによる
◆野宿者襲撃問題を考える劇「ガード下の犬ラン」上演
◆野宿生活経験者と子どもたちによる座談会(ファシリテーター:北村年子)

出演者
★山王こどもセンター
大阪・西成区で50年にわたり、地域の子どもの成長を見守ってきている施設。自立をめざした子ども向け料理教室や、子どもによる野宿生活者の支援活動など、貧困の現実を直視する独自のカリキュラムが充実。

★野宿経験者・Sさん(57)
警備会社に25年間勤務したが、左目の視力低下に伴い依願退職。日雇い労働経験に従事するも仕事が見つからなくなり路上生活を経験。
※Sさん以外にも数名の野宿生活経験者が参加する予定です。

★生田武志
1964 年生まれ。同志社大学在学中から釜ヶ崎の日雇労働者・野宿者支援活動に関わる。2000 年、「つぎ合わせの器は、 ナイフで切られた果物となりえるか?」で群像新人文学賞評論部門優秀賞。2001 年から各地の小、中、高校などで「野 宿問題の授業」を行なう。野宿者ネットワーク代表。社団法人「ホームレス問題の授業づくり全国ネット」代表理事。 「フリーターズフリー」編集発行人。著書に『< 野宿者襲撃> 論』人文書院、『ルポ 最底辺 不安定就労と野宿』ち くま新書、『貧困を考えよう』岩波ジュニア新書、『おっちゃん、なんで外で寝なあかんの?―こども夜回りと「ホー ムレス」の人たち』(あかね書房)など。

★北村年子
文芸誌・女性誌の編集者を経て、フリーランスのノンフィクションライターとなる。デビュー作『少女宣言』( 長征社・1987) が話題を呼び、以後、女性・子ども・教育・ジェンダーをおもなテーマに取材・執筆する。2008 年、「ホームレス問題の授業づくり全国ネット」を発足。子どもたちを加害者にも被害者にもしないために、子どもの「いじめ」「自死」「野宿者襲撃」をなくしたいと願う大人たちと連携し、ホームレス問題の授業作りをおこなう。2010 年、女性や社会的弱者の視点にたった人権活動が認められ、第6 回やよりジャーナリスト賞( 女性人権活動奨励賞) を受賞。ラジオDJ としてFM ヨコハマ「Tresen+」木曜19:20~19:40「あなたにあえてよかった」パーソナリティ担当。

 
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL