「犬と猫と人間と2」 監督・宍戸大裕さんのこと

2012.07.23 Monday

飯田です。
あらためて「犬と猫と人間と2 動物たちの大震災」監督・宍戸大裕さんのことを紹介しようと思います。

といっても、まずは宍戸さん本人のホームページブログをご覧頂くのがよいでしょう。

今回は僕が宍戸さんと出会うきっかけともなった、彼が初めて作った作品
『高尾山 二十四年目の記憶』 (2008年/日本/DV/カラー/45分)
をご紹介したいと思います。

この作品は宍戸さんが大学在籍中に製作を始めたものです。当時彼は環境問題に取り組むサークルを立ち上げ、仲間と活動をしていました。
そのなかで、圏央道建設のため東京に残された豊かな自然環境である高尾山にトンネルが掘られようとしていること、またそれに長年反対する住民運動があることを知り、この問題を訴えるためのドキュメンタリー映画を考えたのです。
とはいっても、映像についてはまったくの無知だったこともあり、共通の友人・神吉良輔さんの紹介で、ローポジションが主催する映像仲間の勉強会「風の集い」にやってきました。
確か2007年ごろだったと思います。
カメラや機材の使い方、編集ソフトの操作など、初歩的なことから学んでいきましたが、丁寧に取材を重ね、僕らの意見を聞きながら、粘り強く何度も何度も編集を直していきました。
そんな試行錯誤のすえ出来上がったのが、この作品です。

宍戸さんの自然や生き物への愛着が感じられる、いい作品に仕上がっていると思います。
現在はyoutubeに全編をアップしていますので、以下に載せておきます。
「その一」から「その五」まで5つに分割されていますが、お時間あるときにぜひご覧ください。




スポンサーサイト

2020.09.20 Sunday

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL