スポンサーサイト

2019.09.17 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

「犬と猫と人間と」「あしがらさん」上映収益を被災者および被災動物へ

2011.03.19 Saturday

今日は、息子・晴生(はるき)の1歳の誕生日です。
ここまで無事に育ってくれたこと、とても感慨深く、なによりも嬉しいです。

同時に、このたびの災害であまりにも多くの命が亡くなり、いまも苦しんでいる人々や動物がいる、そして大切な存在を失った人も多くいる、そのことを思うと、いたたまれない気持ちです。

被災した人々や動物に対し、いま何ができるかと考えてきました。
これから事態がどうなるか、また上映会がどれだけ入るか分かりませんし、今回の取り組みが、皆さまにどのように受け止められるかも分かりません。

ただ、多くの人々の思いに支えられて広がってきた映画たちですので、今回このようなかたちで、少しでも社会に還していけたらと思いました。

皆さまにはご理解と、上映会の企画や宣伝等でご協力頂けましたらありがたい限りです。

2011.3.19 飯田基晴

------------------------------------------------------------
 映画「犬と猫と人間と」「あしがらさん」を上映して、
  東日本大震災被災地へ義援金を送ろう!
------------------------------------------------------------

このたびの災害で甚大な被害を受けた方々へ、謹んでお見舞いを申し上げます。
映像グループ ローポジションでは、被災された人々と動物たちの支援に役立てていただけるよう、「犬と猫と人間と」「あしがらさん」のこれから年末までの上映の収益を、義援金・支援活動へ寄付することにしました。

いずれの映画も「いのちとは? 人とのつながりとは?」と静かに問いかけるような作品だと思っています。
映画上映を通して、そうしたことを考えるきっかけを作るとともに、少しでも被災地の人々や動物のお役に立てるなら幸いです。

映画「犬と猫と人間と」は、一人の猫好きのおばあさんの「不幸な犬猫を減らしたい」という思いから生まれました。捨てられた犬や猫、それらを救う人々を描いたドキュメンタリー映画です。
2009年秋に劇場公開し、DVDも合わせ、これまでおよそ4〜5万人にご覧頂いております。 
オフィシャルサイト http://www.inunekoningen.com/

映画「あしがらさん」は長年ホームレス生活を送ってきた孤独な男性が、地域での生活を取り戻す姿を描いたドキュメンタリー映画です。
これまで映画館や福祉関係、多くの学校で上映されています。
オフィシャルサイト http://www5f.biglobe.ne.jp/~ashigara/

<期間および対象>
2011年3月19日〜12月31日に開催される上映会(学校上映を含む)

<寄付の詳細>
・「犬と猫と人間と」上映料のうち、上映管理費(約25%)を除いた全額
・「あしがらさん」上映料の全額

<上映料について>
上映基本料金 30,000円(税込)
入場者数が50名を超えた場合、1名あたり400円の追加をお願いしております。
例.入場者数75名の場合 30,000円+25人×400円=40,000円

<寄付の分配先>
寄付は以下の3団体へ、2ヶ月に1回程度のペースで分配する予定です。
金額・内訳等は、後日、映画の公式サイト等でご報告いたします。

〇日本赤十字社・義援金
〇赤い羽根共同募金・災害ボランティア・NPO活動支援のための募金
〇緊急災害時動物救援本部・動物救援のための義援金

<上映申込・お問合せ先>
映画「犬と猫と人間と」は配給:東風まで。
〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-42-11 カーサ新宿705号室
TEL:03-5155-4362 FAX:03-5155-4364
E-mail:info@inunekoningen.com

映画「あしがらさん」は、映像グループ ローポジション
〒231-0033 横浜市中区長者町4-10-1-204
TEL:045-228-7996 FAX:045-228-7976
Email:low-posi@nifty.com 

スポンサーサイト

2019.09.17 Tuesday

トラックバック
この記事のトラックバックURL