第4回大倉山ドキュメンタリー映画祭

2011.01.12 Wednesday

JUGEMテーマ:映画
飯田です。
今年もどうぞよろしくお願いします。
昨年「犬と猫と人間と」を上映してもらった、大倉山ドキュメンタリー映画祭で今年は「あしがらさん」を上映してもらえることになりました。手作り感あふれるホッとするような映画祭です。
お近くの方はぜひ足を運んでみてください。

★ 第4回大倉山ドキュメンタリー映画祭 ★
 http://o-kurayama.jp/filmfes2011.htm

ヒューマンドキュメンタリーを中心に上映し、多くの方に親しまれてきた
大倉山ドキュメンタリー映画祭。
4回目を迎える今年は、人と人との「出逢い」を見つめることで今を描き、
これからを展望する六つの物語をプログラムしてみました。

逢いたかった誰かに逢いに来る気持ちで映画を観に来ませんか?
映画だけでなく、映画を創った人、映画を観に来た人との出逢いもあるはず…。
きっとココロもカラダもホカホカするにちがいありません。
大倉山で逢いましょう。

会期:2011年2月5日(土)−6日(日)
会場:横浜市大倉山記念館ホール(定員80席)/東急東横線大倉山駅下車8分

<2月5日(土)>
10:30〜「枇杷の実待ち」(45分) 「孤独の輪郭」(53分) 
      ※二本連続上映 監督・撮影:三浦淳子

13:00〜「月あかりの下で」(115分)  監督:太田直子

15:30〜「ひめゆり」(130分)  監督:柴田昌平

<2月6日(日)>
10:30〜「大丈夫。‐小児科医 細谷亮太のコトバ‐」(85分)
      監督:伊勢真一

13:00〜「あしがらさん」(73分) 監督・撮影:飯田基晴

15:30〜「泣きながら生きて」(108分)
       企画:張麗玲 プロデュース:横山隆春

※各映画上映後に監督のトーク、別会場に設けたカフェでの座談会なども実施

料金:一般 1500円
    高校生以下・シニア・障がい者 1000円
        ※お越しの際は身分証をご持参ください。
    2作品目以降は1000円でご鑑賞いただけます。

予約:電話予約制 TEL045(544)1881
※大倉山ドキュメンタリー映画祭は全席予約優先制です。
  会場の定員数に限りがあるため、ご予約がないと入場いただけない場合
 がございます。事前のご予約をお願い申し上げます。

<アクセス>
横浜市大倉山記念館 東急東横線 大倉山駅 徒歩8分
TEL 045-544-1881  FAX 045-544-1084
 [大倉山駅まで] 渋谷から30分 横浜から15分
 ※駐車場はございません。ご注意ください。

<ドキュメンタリーフィルムカフェ>
期間中、大倉山自慢のアンティークなお部屋でカフェがオープン。実行委員会自慢のクッキー、ケーキ、軽食、お飲物などをご用意しています。

主催:大倉山ドキュメンタリー映画祭実行委員会/横浜市大倉山記念館
協賛:資生堂 認定:社団法人企業メセナ協議会

詳細は映画祭オフィシャルサイトにて。
 http://o-kurayama.jp/filmfes2011.htm

トラックバック
この記事のトラックバックURL