「あしがらさん」学校での普及

2007.11.15 Thursday

劇場公開以降、宣伝らしい宣伝はしていないのだが、「あしがらさん」のビデオが最近またけっこう売れている。

最近特に学校の先生たちからの注文が目立つ。
数えていないのではっきりは分からないが、これまで300本前後は先生たちが買ってくれていると思う。
注文先は全国にわたり、地方からの注文も多い。
ホームレス問題がそれだけ全国的になったとも言えるのだろう。
先生たちの中には、毎年授業で生徒たちに見せているという方もいる。
本当にありがたいことだ。

また僕は、招かれたら都合がつく限り足を運ぶようにしているので、これまで幼稚園から大学、専門学校まで行かせてもらった。
(幼稚園はさすがに保護者向けの上映会だったけど)

先週はたまたま重なり、神戸にある中高一貫の私立校・啓明学院と、群馬の高崎健康福祉大学へ行って来た。
啓明学院では全校生徒、約1200人が観てくれ、これまででもっとも人数の多い上映会となった。
翌日には釜ヶ崎で長年活動を続ける本田哲郎神父のお話もあり、僕もあらためて心を動かされた。
また、わざわざ「あしがらさん」HPの掲示版に感想を書き込んでくれる生徒さんたちもいた。こういうのはとてもうれしい。
高崎健康福祉大学では4人という少数のゼミだったが、作品は前の週に観てくれていたおかげで、いつになくゆっくりと学生さんたちと話し合うことができて楽しい時間だった。

まだまだ世間一般では「ホームレス」というと、それだけで何か悪いイメージがある。
そして、そうした偏見は子どもたちにも受け継がれていく。
僕は、子どもたちと路上で暮らさざるを得ない状況にいるひとたちが、襲撃などという不幸な出会い方ではなく、同じひととして出会ってほしいと願っている。
そんなきっかけとなるのならぜひこの作品を活用してほしいし、これからも呼ばれたらホイホイ行くつもりだ。

スポンサーサイト

2020.09.20 Sunday

コメント
明日、北区教育委員会の人権研修会「人権問題 路上生活者(ホームレス)」(教員対象)に招かれて話しをしてきます。
最高の映像教材として「あしがらさん」を紹介しますので、上手くすれば問い合わせがあるかも知れません。その時はよろしくお願いします。
  • by 清野賢司
  • 2007/12/17 6:16 PM
清野さん、お久しぶりです。先日稲葉さんと申し入れにいったことは聞いておりましたが、早速このようなかたちで実を結びつつあるのですね。
支援というかたちで現場を知る教員というのは、大変貴重な存在だと思います。そんな清野さんが「あしがらさん」を薦めて下さるというのは、大変ありがたいです。こちらこそどうぞよろしくお願いします。
  • by 飯田
  • 2007/12/17 7:18 PM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL