2月7日、映画「フツーの仕事がしたい」DVDブック発売記念祝賀会!

2012.01.30 Monday

 映像グループ ローポジションの土屋トカチです。


<<<<<以下、転載歓迎!>>>>>

私が監督を務めました
ドキュメンタリー映画「フツーの仕事がしたい」が、
DVDブックとして発売中です!
全国書店、アマゾンなどのウェブショップで購入できます。

これを記念致しまして
2月7日(火)18時30分より
都内で「フツーの仕事がしたい」DVDブック発売記念祝賀会を開催します。

首都圏では久しぶりとなる映画本編の上映と、
多彩なゲストの皆さまによるトークリレーで楽しく過ごせればと思っております。
是非、お越しください。

______________________

DVDブック「フツーの仕事がしたい」発売記念祝賀会
______________________

※会場の都合上、先着40名様限定のイベントです。

日時:2012年2月7日(火)18時開場 18時30分開始
場所:東京/ダイニングBar FOREVER 707
http://blog.goo.ne.jp/2011toukyounion32
(渋谷区代々木2-20-12呉羽小野木ビルB1 電話:03-5350-0787)

地図 http://map.goo.ne.jp/map.php?blog=1&from=gooblogparts&MAP=E139.42.0.260N35.40.58.160&ZM=8
会費:1,500円(1ドリンク・1フード付)

<ゲスト(敬称略・順不同)>
後藤道夫(都留文科大学教授)
竹信三恵子(ジャーナリスト・和光大学教員)
木下昌明(映画批評家)
木下武男(昭和女子大学特任教授)
小谷野毅(全日本建設運輸連帯労働組合書記長)
土屋トカチ(映画監督)

<スケジュール>
18時30分より ドキュメンタリー映画「フツーの仕事がしたい」本編上映
19時50分より ゲスト・トークリレー
21時頃 終了予定

<お問い合わせ>
映像グループ ローポジション
電話:045-228-7996   Email: low-posi@nifty.com

DVDブックの情報はこちら
DVDブック「フツーの仕事がしたい」旬報社より絶賛発売中!
A5判上製/15頁/本編70分+特典映像43分
定価3,360円 ISBN 9784845112548 C0836

DVDブック詳細はこちら
http://www.junposha.com/catalog/product_info.php/products_id/730

DVDブック予告編はこちら
http://youtu.be/-LHpDC78kzU

<注>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2012年1月18日現在、AMAZONなどインターネット書店では、
入手しづらい状況が続いているようです。
ご連絡いただければ、定価3,360円+送料200円、計3,560円で
出版社の旬報社より、ご自宅へ郵送させていただきます。
お申込はEメール tsuchiya_to@hotmail.co.jp へ。
件名は「フツーの仕事がしたい」DVDブック申込でお願い致します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

映画「フツーの仕事がしたい」DVDブック発売決定!

2011.12.15 Thursday

土屋トカチです。

私が監督を務めました
ドキュメンタリー映画「フツーの仕事がしたい」が、
2012年1月10日、
DVDブックとして発売されます。
全国書店、アマゾンなどのウェブショップで購入できます。

2008年10月にポレポレ東中野で公開が始まり、
国内17箇所の映画館、130回を超える自主上映会、
13カ国の国際映画祭正式出品を経て、
やっとご家庭等でもご覧いただけるパッケージとなりました。

DVDブック詳細はこちら

DVDブック予告編はこちら

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
最長で月552時間! 常識はずれの過酷な労働......。
生き残るためのたたかいがはじまった!
労働の"リアル"を描きだす迫真のドキュメンタリー映画 待望のDVD化!
2009年英国・レインダンス映画祭、
ドバイ国際映画祭ベスト・ドキュメンタリー賞受賞作。

A5判上製/15頁/本編70分+特典映像43分、15Pブックレット付
定価3,360円 旬報社
ISBN 9784845112548 C0836
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

◆本編[70分]

◆特典映像[43分]
・初日舞台挨拶
皆倉信和(本作主人公)×鎌田慧(ルポライター)×土屋トカチ(映画監督)
・労働者は奴隷か!(フツーの仕事がしたい 初期ヴァージョン)
・自由な感じ(土屋トカチ監督 短編作品)
・国際映画祭授賞式(2009年 レインダンス映画祭・ドバイ国際映画祭)
・ローポジ予告集

◆ガイドブック
だれのために撮るのか、だれの目線で撮るのか 「中立性」との対峙 土屋トカチ
若者がフツーの仕事につけない現実 後藤道夫(都留文科大学教授)
おかしな時代を生き抜く“武器”としての「ユニオン」 小谷野 毅(全日本建設運輸連帯労働組合書記長)
映像による労働運動の底力 竹信三恵子(ジャーナリスト)
人間の尊厳をかけたたたかい 木下昌明(映画批評家)
レビュー+主人公・皆倉信和さんからのメッセージ +年表

◆コメント
震えるほどの怒りと、それ以上の感動をもらった。
映画の中、何度も一緒に怒り、泣き、笑った。
フツーに働き、フツーに生きることが困難になってしまった21世紀。
それを取り戻すための尊厳をかけた闘いの記録に、ものすごく大きな勇気をもらった。
雨宮処凛(作家)

ケン・ローチやマイケル・ムーアの諸作同様、これぞ記録映画の迫真ではないか!
土屋トカチは、底辺から立ち上る憤怒の声と響き合いながら、
当節あるべき「表現」の源流へと向かい、まさしく「映画」を実現させたのだ!
中川 敬(ミュージシャン/ソウル・フラワー・ユニオン)

こんなドキュメンタリーは見たことがない。
これは、ドキュメンタリーが持つ表現力を確実に示した映画だ。
キャメラは武器である、ということを想った。
そして、何故か親鸞の歎異抄を伝承した唯円の心を想った。
堀田泰寛(撮影監督)

今の時代、「フツーの仕事がしたい」と誰もが思っているだろう。
しかし、どう正せばよいのかわからない。
その道筋を、この映画は感動的に、しかも理論的に示している。
働く者たちが、過酷な時代を突破するために必見の映画である。
木下武男(昭和女子大学特任教授)

◆問い合わせ
旬報社
http://www.junposha.com/catalog/index.php
映像グループ ローポジション
http://homepage2.nifty.com/lowposi/

12月7日法政大学多摩キャンパスにて「フツーの仕事がしたい」上映!

2011.11.26 Saturday

2011年12月7日(水)17時20分より上映。
17時、開場。17時10分、五十嵐仁所長による挨拶。

場所:法政大学多摩キャンパス・エッグドーム5階ホール

アクセス方法 http://www.hosei.ac.jp/access/tama.html
東京都町田市相原町4342

参加費:無料(対象:学生・市民。申込不要。)

主催・お問い合わせ:法政大学大原社会問題研究所
http://oohara.mt.tama.hosei.ac.jp/index.html

詳細は http://oohara.mt.tama.hosei.ac.jp/notice/eizo11.pdf

上映後、土屋トカチ監督によるトーク有り。

詳細は『フツーの仕事がしたい』ブログにて
http://nomalabor.exblog.jp/

『フツーの仕事がしたい』上映のお知らせ

2010.11.16 Tuesday

年内に開催されるドキュメンタリー映画「フツーの仕事がしたい」上映予定をお知らせさせていただきます。

以下、転載可。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
『フツーの仕事がしたい』上映のお知らせ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
11月26日、青森県弘前大学
11月27日、大阪府吹田市関西大学
12月4日、東京・大田区蒲田、大田区民センターで
上映会があります。
すべての会場に、土屋トカチ監督が来場予定です。
(12月4日14時〜の回はのぞく)

◆2010年11月26日(金)17時開演
<青森県>
「ワーキングプアってなんだろう?弘大ドキュメンタリー映画祭」
1部「人間を取り戻せ! 大久保製壜闘争の記録」(17:00〜)
2部「フツーの仕事がしたい」(18:00〜)
2部の上映終了後、土屋トカチ監督によるトーク有。
会場:弘前大学(弘前市文京町1番地)
http://www.hirosaki-u.ac.jp/access/access.html
料金:無料
主催:弘大ドキュメンタリー映画祭実行委員会

◆2010年11月27日(土)12時開場
<大阪府>
「フツーの仕事がしたい」 上映会 in 関西大学
上映:12時30分〜14時30分 上映後、土屋トカチ監督のトーク有。
会場:関西大学 千里山キャンパス 第一学舎B102
http://www.kansai-u.ac.jp/global/guide/mapsenri.html
料金:カンパ制
主催:
『フツ―の仕事がしたい』関西大学上映実行委員会
http://ku-nomal-labor-community.jimdo.com/
後援:関西大学生活協同組合

◆日時:2010年12月4日(土)14時開演
<東京都>
上映1回目 14時〜   (第5教室にて)
上映2回目 18時30分〜 (第9教室にて)
2部の上映終了後、土屋トカチ監督によるトークがあります。
会場:大田区民センター(第5教室及び第9教室)
http://bit.ly/dd10Aq
料金:800円(非正規・失業者は500円)
主催:『フツ―の仕事がしたい』大田区上映実行委員会
協賛:フェアコープ

年内は、この3ヶ所のみで上映予定です。
DVD化も現在のところ未定です。是非、上映会に足をお運びください。
よろしくお願い致します!

詳細は『フツーの仕事がしたい』ブログにて
http://nomalabor.exblog.jp/

『フツーの仕事がしたい』琉球センターどぅたっちで上映!

2010.07.14 Wednesday


7月16日(金)19時より、
琉球センターどぅたっちでの上映があります!
監督も来場し、おいしい沖縄料理が食べられる宴会もあります!
お見逃しなく!
________________________

『フツーの仕事がしたい』 琉球センターどぅたっち上映会!
________________________

日時:2010年7月16日(金)19時開演
上映会場:琉球センターどぅたっち
地図はこちら
料金:1,600円(1ドリンク付)
上映後、土屋トカチ監督のトーク有り。

その後、監督を囲んでの交流縁・宴会を1時間ぐらい行います。
交流縁・宴会 参加費1,000円(上映会参加の方)
交流宴会のみ参加の方は1,300円です。

7月25日(日)、カナダ・トロントで開催される新世代映画祭で上映されます。
北米プレミア上映です!
8月には、三重県松阪市、静岡県富士市でも上映があります。
詳細は『フツーの仕事がしたい』ブログにて
http://nomalabor.exblog.jp/

『フツーの仕事がしたい』×『人らしく生きよう〜国労冬物語』

2010.06.02 Wednesday

 痛快!ドキュメンタリーvol.1
『フツーの仕事がしたい』×『人らしく生きよう〜国労冬物語』

日時:6/21(月)18:30開場/19:00開演
場所 : アップリンク(東京・渋谷)
料金:一律 ¥2,000(1ドリンク付き)

四半世紀にも及ぶ、国鉄分割・民営化に 伴うJR不採用問題。解決へ向けて運
動を鼓舞し続けた名作『人らしく生きよう〜国労冬物語』と、月約550時間を超
える労働を 強いられた、トラック運転手を追った『フツーの仕事がしたい』を
一挙上映。終了後両監督によるトークショーあり。

↓詳細(アップリンク)
http://www.uplink.co.jp/factory/log/003599.php

↓「人らしく生きよう」HP
http://vpress.la.coocan.jp/hito.html

「フツーの仕事がしたい」5/28(金)に都内にて上映!

2010.05.23 Sunday

 ================================
東京・PARC自由学校
特別オープン講座 ドキュメンタリー映画と語ろう!!
映画「フツーの仕事がしたい」上映
=================================

■2010年5月28日(金) 19時開始
特別オープン講座 ドキュメンタリー映画と語ろう!!
上映会場:PARC自由学校
http://www.parc-jp.org/freeschool/index.html
講座詳細は
http://www.parc-jp.org/freeschool/2010/kouza/kouza_23.html

上映後、土屋トカチ監督のトークあり。
料金:1,500円(本講座のみの特別料金)

講座は全6回です。その他の講座では、
『外泊』/キム・ミレ監督、
『Women in Struggle─目線』/ブサイナ・ホーリー監督
『アンナへの手紙』/エリック・バークラウト監督、
『沈黙を破る』/土井敏邦監督、
『バオバブの記憶』/本橋成一監督 が上映されます。
日本の作品は、それぞれ監督自身がトークされます。要チェック!

6月5日(土)
岩手県宮古市、三重県松阪市でも上映があります。

詳しくは、映画「フツーの仕事がしたい」公式ブログにて
http://nomalabor.exblog.jp/

W受賞記念上映イベント 『今、僕は』×『フツーの仕事がしたい』上映会

2010.01.25 Monday

JUGEMテーマ:映画
 ■2010年2月5日(金) 19時より

第17回レインダンス映画祭 ベスト・ドキュメンタリー賞+
第6回ドバイ国際映画祭 アジアアフリカ部門最優秀ドキュメンタリー賞 W受賞記念
『今、僕は』×『フツーの仕事がしたい』上映会

上映会場:渋谷・アップリンク
イベント詳細は
http://www.uplink.co.jp/factory/log/003387.php

2010/2/5(金) 18:30開場 19:00開演
19:00〜『フツーの仕事がしたい』
20:20〜『今、僕は』
上映終了後、竹馬靖具監督と土屋トカチ監督によるトークショーを予定。
料金:1作品¥1,100(1ドリンク付)
連続鑑賞の方¥2,000(2ドリンク付)/トークのみ来場¥500
映画『今、僕は』公式サイト

その他、
横浜市・関内(2月11日)、
鹿児島市(2月27日)、
千葉県浦和市(4月10日)にも上映会の予定があります。

詳しくは、映画「フツーの仕事がしたい」公式ブログにて

「フツーの仕事がしたい」速報!

2009.12.17 Thursday

JUGEMテーマ:映画
映像グループ ローポジションの土屋トカチ監督作品、「フツーの仕事がしたい」が、12月16日、第6回ドバイ国際映画祭で、最優秀アジア・アフリカ・ドキュメンタリー賞を受賞しました!!
レインダンス映画祭でのベスト・ドキュメンタリー賞に続き、2度目の受賞です。

間近で本人の苦労を見てきただけに、これはうれしいです!(飯田)

以下にニュース詳細があります。
http://eiga.com/buzz/20091217/3/

そうそう、「フツーの仕事がしたい」は、12月27日(日)渋谷・アップリンクで上映がありますので、未見の方はぜひこの機会に!
同じ日には傑作「破片のきらめき」の上映もありますので、こちらもオススメです。

「フツーの仕事がしたい」ロンドンで受賞!!

2009.10.12 Monday

 飯田です。
ローポジションの土屋トカチ監督作品「フツーの仕事がしたい」が、ロンドンで開催されている第17回レインダンスフイルムフェスティバルのドキュメンタリー部門で大賞に選ばれたという速報が届きました!
いやぁ、これは嬉しいですね!
映画祭の模様はこちらにレポートがあります。