DVD「黒澤泰&飯田基晴の地域猫活動のすすめ」お問い合わせと対応について

2018.10.12 Friday

メディアで報じてもらったことや10/15(月)で予約終了ということもあり、DVD「黒澤泰&飯田基晴の地域猫活動のすすめ」について、おかげさまでご注文やお問い合わせを多く頂いております。

ご予約頂いた方へのDVD発送は10/24頃より順次進めていく予定です。

まだご検討中の方もいらっしゃるかと思いますので、お問い合わせ対応の予定と、寄せられたお問い合わせへの回答を以下に記しておきます。ご参考にして頂けたら幸いです。

 

<お問い合わせ対応の予定>

12日本日は17時までメール、電話のいずれも対応可能です。

13日(土)はメールには対応できますが、電話は対応できません。
14日(日)はメール、電話ともに対応できず、翌日のご回答になります。
15日(月)は10-17時の時間帯でメール、電話のいずれも対応可能な予定です。


<こちらに寄せられたお問い合わせ>

Q1:他行からの振込はどうすればよい?
他行からの振込の場合は下記内容をご指定ください。

銀行名:ゆうちょ銀行/支店名(店番):〇二九店(029)/預金種目:当座/口座番号:0137028
振込後にメールにてお名前、ご住所、お電話番号をお知らせください。


Q2:購入したDVDを行政に寄付すると上映権はどうなりますか?
上映権はDVDの所有者に帰属するものと考えています。例えば購入者がDVDを地元の動物愛護センターへ寄贈した場合は、愛護センターがDVDの所有者となりますので、上映権もセンターへ譲渡されたと考えます。


Q3:個人でDVDを購入した場合、上映権はどうなりますか?
個人でDVDを購入してDVD所有者となられた場合、ご本人や所属するグループが上映会を開催することは問題ありません。上映会の主催者に所有者が加わっていれば、お持ちのDVDをご利用頂けるとお考えください。

 

※追記しました。

Q4:有料で上映会を開催してもいいのですか?

DVDをご購入された方が上映会を開催するときに、参加費を取る有料とするか、無料とするか、主催者として自由にお決め頂ければけっこうです。

 

Q5:上映会を開くときはローポジションに連絡する必要はあるのですか?

特に連絡や申込の必要はありません。もしご連絡を頂けば、こちらのSNS等で告知に協力できることはあるかと思います。

地域でのどのような反応があったか興味はありますので、報告なども寄せて頂けたら嬉しい限りです。

「地域猫活動のすすめ」DVD完成上映会、無事終了しました

2018.10.09 Tuesday

10/5(金)に行われた「地域猫活動のすすめ」DVDの完成上映会、おかげさまで無事に終了しました。
小さな会場だったのですが、近隣の自治体職員の方々が半分、残りの半分は熱心なボランティアさんという印象でした。

以下に掲載する当日のご感想からも、その傾向が感じ取れると思います。

 

 

おかげさまでDVDのご予約も寄せられております。発売記念キャンペーンの予約申込は10/15(月)までなのでご注意ください。

アンケートでもご要望頂きましたが、個人で鑑賞をご希望の方にはオンデマンドで視聴できるようにする予定です。

 

「地域猫活動のすすめ」DVDの上映としては、次は11/4(日)ローポジションでのミニ上映会を予定しています。
引き続き上映会を企画してくださる方も募集しております。

 

以下、上映会当日のアンケートに寄せられたご感想です。

 

感想

「期待はしてきましたが、その期待以上のDVDでした。行政で活用するにはどうしていけばいいのか、とか色々検討させてもらいます。」

 

感想
「上映作品、大変おもしろかったです。ありがとうございました。町内会での上映に適したDVDだと思います。」

 

感想
「ノラ猫のことで困っている地域の方たちに地域猫活動を理解してもらう際、言葉で説明すると長〜くなってしまうので、こういうDVDがあるとそれを見てもらえればいいので助かります。」

 

感想
「具体例・失敗例を交えて解説してあったのは良かったと思う。地域猫活動に関わっている方々の年代が気になった。(若い人達が少ない気がした)」

 

感想
「9年程、個人ボランティアとして活動していますが、ここ数年でトラブル相談を依頼されることが増えました。個人で100%解決するのはとても難しいのですが、DVDを見てとても心強く感じました。ネコキライな方にぜひ見てもらいたいと心から思います。」

 

感想
「地域猫を長く継続するためには、住人の方がホカクができた方がよいと思うので何度も失敗しながらも(捕獲作業に)とりくんでいる姿が映像となったのはとても良かったです。これなら私もやってみようと思っていただけそうです。失敗談含めて話すこともコミュニティの会話がはずんで良いと思いました。」

 

感想
「本来であれば今回のようなVTRも環境省や各都道府県が作成してくれるととてもよいかと思いました。15000円は上映権がついているのでよいと思いますが、個人でみたい、知りたいと思っている方には手が出にくいかと感じました。とてもよい内容でしたので、広く、多くの方がみられるように、よい対策を検討くださるとうれしいです。」

 

感想
「DVD試写会、非常に楽しく拝見させていただきました。第1部は本当に黒澤さんの話をきいているようで緊張しました。経験の少ない行政職員が、こちらをみてわかったような気になり、同じように話せば周囲の理解が得られると思わないようにしたいといけませんね。第2部は飯田さんがお話されていたようないろいろなパターンの地域を取材されているし、実際にやってみようかと思う地域の方々がとても参考になると思いました。捕獲器のセットが失敗していたり、捕獲した猫がにげてしまったなど地域でも参考になると思います。第3部、失敗事例を挙げていただき、とても参考になりました。ありがとうございました。」

 

「地域猫活動のすすめ」DVDのツイッターアカウントを作成しました。

2018.10.02 Tuesday

「地域猫活動のすすめ」DVDのツイッターアカウントを作成しました。

よろしければフォローお願いします。

https://twitter.com/dvd_neko

 

11/4(日) ミニ上映会 in ローポジションを開催します。

2018.09.25 Tuesday

関内外OPENと連動して、ローポジションの事務所にて以下のようなミニ上映会を行います。
新作の地域猫DVDと、昨年のシネマリンのイベントで反響の大きかった「日曜日の子供たち」の2本を上映します。
関心ありましたらぜひ。

 

< ミニ上映会 in ローポジション>


11月4日(日)
14:30〜16:20「黒澤泰&飯田基晴の地域猫活動のすすめ」

(77分/2018年/監督:飯田基晴) ※上映後、監督トークあり

 

 

第1部 特別講義「黒澤泰による地域猫活動のすすめ」(20分)
地域猫活動の生みの親・黒澤泰氏は、横浜の保健所に勤務し、数々の猫トラブルに対応してきました。その豊富な経験をもとに、地域猫活動とは何か、黒澤氏がわかりやすく説明します。

 

第2部 ドキュメンタリー映画「地域と猫と人間と」(34分)
地域猫活動に取り組む4ヵ所の地域を映画監督・飯田基晴(「犬と猫と人間と」)が見つめたドキュメンタリー映画です。実際、どんな風に地域猫活動が行われているの? そんな疑問に答えます。

 

第3部 対談「黒澤泰が選ぶ! 地域猫のよくある失敗・ベストテン」(23分)
飯田基晴を聴き手に、黒澤泰氏が活動で陥りがちな失敗例を紹介します。地域猫活動を成功に導くための秘訣もお伝えします。

 

 

17:00〜19:00「日曜日の子供たち」
(103分/1980年/監督:堀田泰寛) ※上映後、監督トークあり

 

 

舞台は横浜市鶴見区の空地。周囲には工場が立ち並び、時に光化学スモッグが生じ、岸辺に汚れた海水が押し寄せる。そんなことはお構いなく、日曜日になると遊びに来る子供たち。走り、取っ組み合い、海に石を投げ、海を見つめる・・・。子供たちの背後にある何かの予感。映画キャメラマン・堀田泰寛が通い続け、撮り溜めた記録は、8年をかけ、鈍く輝く抒情詩のような映画に結実した。

 

会場:映像グループ ローポジション 各回定員15名。

参加費:800円(1ドリンクつき/各回ともに)

申し込み:予約制
主催:映像グループ ローポジション 
予約・問合せ:low-posi@nifty.com 電話:045-228-7996

アートサイトラウンジvol.14 10/23(月)「アートイベント、撮った後どうする?」開催

2017.10.03 Tuesday

ヨコハマアートサイトさんと一緒にこのような催しを企画しました。
会場は横浜にある日本一小さな?映画館、シネマノヴェチェント!

 

アートに限らず映像制作に関心ある方には楽しんでもらいつつ、きっと参考になることがあると思います。
僕もそれぞれの団体から学ばせてもらおうと楽しみにしています!

 

参加無料ですが、定員に限りがあるので要予約です。終了後はそのまま懇親会も。

 

アートサイトラウンジvol.14×映像グループ ローポジション
「アートイベント、撮った後どうする?」

 

スマホやデジカメの普及により、映像撮影が身近になりつつある今日。アートプロジェクトの活動記録や、そこから派生した映像作品が多く生まれています。映像を活用することで、どのような展開が考えられるのか?
先行事例を紹介し、そこで作られた映像作品を鑑賞しながら、アートプロジェクトにおける映像制作の可能性について考えます。
横浜の地域文化に関心のある方ならどなたでもご参加いただけます。

 

【日時】10月23日(月)19:00-21:00
【会場】シネマノヴェチェント(西区中央2-1-8 岩崎ビル2F)
    京急「戸部駅」、相鉄「西横浜駅」より徒歩約10分
【料金】無料(要予約)

 

【出演/主な映像作品】
ART LAB OVA/『音とこどもとイメージと「映画館パーティー」』(42分)
たまプラ一座まちなかパフォーマンスプロジェクト/『育ちあい 2014夏』(30分)
NPO法人ぷかぷか/『ぷかぷか』(38分)
映像グループ ローポジション/『タケオ ダウン症ドラマーの物語』(76分)
【主催】映像グループ ローポジション、ヨコハマアートサイト事務局(STスポット横浜、横浜市文化観光局、横浜市芸術文化振興財団)

 

★映像グループ ローポジション
横浜を拠点として、ドキュメンタリー映画を中心に、NPO・市民活動・教育機関等からの受託事業など様々な映像製作を手がけている。2016年、横浜シネマリンにて10周年記念特集上映「ハマのドキュメンタリー映画作家たち」を開催。代表作は他に『犬と猫と人間と』、『フツーの仕事がしたい』。
◇11/3(金・祝)特集上映「ハマを見つめたドキュメンタリー映画 ―変わりゆく街、変わりゆく子どもたち」(横浜シネマリン)

 

★ヨコハマアートサイト
横浜市地域文化サポート事業『ヨコハマアートサイト』は、地域課題の解決につなげる文化芸術活動をサポートするため、文化芸術の持つ創造性をコミュニティやまちの活性化と結びつける文化芸術活動や、横浜の個性ある文化芸術を市内外へ発信する活動を広く公募し、支援する事業。

 

==============
<参加申し込み方法>
件名を「アートサイトラウンジvol.14参加」とし
お名前と連絡先を明記の上、メールにてお申し込みください。
宛先 office@y-artsite.org

映像グループ ローポジションのオンラインショップができました!

2017.02.22 Wednesday

皆さま、年末にリニューアルした映像グループ ローポジションの公式サイトはもうご覧頂けましたか?

今回、公式サイト内に新たにオンラインショップを追加しました。

ローポジションが手がけた映画・映像作品のDVDや関連書籍などをご購入頂くことができます。

ぜひこちらよりご覧ください!

〜映像サークル「風の集い」1月の予定〜

2016.12.30 Friday

〜映像サークル「風の集い」1月の予定〜

 

日時:1月5日(木) 18時より
作品:堀田泰寛さん撮影の番組を拝見します
場所:映像グループ ローポジション
定員:12名
費用:飲食代(数百円)
申込:映像グループ ローポジション
   low-posi@nifty.com TEL:045-228-7996

 

今回は撮影の堀田さん自身にも印象深い番組を見せてもらいます。
ローポジション・風の集いの新年会を兼ねて集まれたらと思います。
ご都合つきましたらぜひご参加ください。

 

<映像サークル「風の集い」について>
映像サークル「風の集い」とは、ローポジションが開催している
ドキュメンタリーの作り手仲間を中心とした集まりです。
それぞれ自作を持ち寄り、鑑賞と対話を通じ、
お互いに学び合う場を目指しています。
作り手に限らず、ローポジションの活動や映画製作に
興味のある方のご参加も歓迎します。

映像グループ ローポジションのホームページをリニューアルしました!

2016.12.29 Thursday

映像グループ ローポジションのホームページをリニューアルしました!

リニューアルに伴い、URLも変更となります。

新しいURLは以下のとおりですので、こちらでご登録お願いいたします。

内容も充実しましたのでぜひ一度ご覧ください!

https://www.lowposi.com/

映像サークル「風の集い」11月の予定

2016.10.26 Wednesday

〜映像サークル「風の集い」11月の予定〜

日時:11月5日(土) 19時より
作品:「アリ地獄天国(仮)パイロット版」(監督:土屋トカチ)
場所:映像グループ ローポジション
定員:12名
費用:飲食代(数百円)
申込:映像グループ ローポジション
   
low-posi@nifty.com TEL:045-228-7996

今回上映するアリ地獄天国(仮)は、ローポジションのメンバー土屋トカチの作品です。
現在も制作途中のため、パイロット版(37分)を見ていただきます。

<「アリ地獄天国(仮)」作品紹介>
有名俳優を起用したTVCMで知られる「アリさんマークの引越社」。
同社で働く西村さん(仮名・34才)は、営業成績トップの正社員だ。
ある日、長時間労働による疲労が原因で事故を起こしてしまい、
48万円の弁済金を求められる。疑問を感じた西村さんは、労働組合
「プレカリアートユニオン」へ加入し、弁済金の返還を求めた。
すると会社は、西村さんをシュレッダー係へ配置転換。のちに懲戒解雇を行った。

 


監督・撮影・編集:土屋トカチ
取材協力:プレカリーアトユニオン
参考動画:
https://youtu.be/uex0k9g7W_w
フェイスブック:https://www.facebook.com/AriJigokuTengokuKari/

<映像サークル「風の集い」について>
映像サークル「風の集い」とは、ローポジションが開催している
ドキュメンタリーの作り手仲間を中心とした集まりです。
それぞれ自作を持ち寄り、鑑賞と対話を通じ、
お互いに学び合う場を目指しています。
作り手に限らず、ローポジションの活動や映画製作に
興味のある方のご参加も歓迎します。

映像サークル「風の集い」10月の予定

2016.10.06 Thursday

〜映像サークル「風の集い」10月の予定〜

 

日時:10月22日(土) 19時より
作品:「高沢折々」(監督:黒澤 分)
場所:映像グループ ローポジション
定員:12名
費用:飲食代(数百円)
申込:映像グループ ローポジション
   low-posi@nifty.com TEL:045-228-7996

 

今回上映する「高沢折々」は、日本映画大学第1期生の卒業制作作品です。
45分だった卒業制作作品を1時間に編集し直したバージョンを見せてもらいます。
監督をはじめスタッフ3名で参加予定です。


<「高沢折々」作品紹介>
熊本県の山奥にある小さな集落、高沢地区。一向宗禁制の最中に、

藩から弾圧を受けながらも信仰し続けたことから高沢は隠れ念仏の里と言われている。
様々な歴史や文化が残る一方で集落の人口は減り、高齢化、後継者不足が深刻になっている。

高沢の四季と人々の暮らしを見つめたドキュメンタリー。

 

 

企画・監督・編集:黒澤 分
プロデューサー・録音:今村 花
撮影:井上裕太
予告編:
https://www.youtube.com/watch?v=3Py5VKtaGUc
公式サイト:http://www.eiga.ac.jp/sotsusei/jimi01/takasawaoriori/


<映像サークル「風の集い」について>
映像サークル「風の集い」とは、ローポジションが開催している
ドキュメンタリーの作り手仲間を中心とした集まりです。
それぞれ自作を持ち寄り、鑑賞と対話を通じ、
お互いに学び合う場を目指しています。
作り手に限らず、ローポジションの活動や映画製作に
興味のある方のご参加も歓迎します。