しろえもんのこと

2016.07.20 Wednesday

飯田です。神奈川県動物愛護協会の山田会長より「犬と猫と人間と」で撮影させてもらったしろえもんが、

昨年の12月に亡くなったと教えていただきました。
2012年にイギリスにもらわれていってからおよそ4年、11歳くらいになっていたと思います。
もらわれていったときのことは当時のブログに書きました。

http://lowposi.jugem.jp/?eid=310


先日のあしがらさんの訃報とともに寂しい限りですが、後半生をのびのびと過ごすことができてよかったと思います。

明日21日には「犬と猫と人間と」の上映を行うので、久しぶりに自分でも見直そうと思います。
以前にしろえもんについてを書いた新聞エッセイの原稿が出てきましたので、転載します。

 


しろえもんの「しつけ」   飯田基晴
 映画「犬と猫と人間と」では、捨てられた犬や猫をめぐり、さまざまな現場を描いた。
 その中で「しろえもん」という名の犬が、まるで主役のように繰り返し登場する。動物愛護団体の施設に保護され、そこで新たな飼い主が決まって一度はもらわれたが、やんちゃで力が強く甘がみもきついため「手に負えない」と、施設へ返されてしまう。
 人なつっこい犬なのだが、興奮すると細長いシッポをビュンビュンと振り回し、猛スピードで駆けまわる。こうなると施設のスタッフでも、扱いに困るほどだ。このしろえもんに新たな飼い主を見つけてやれるよう、施設でしつけに取り組む様子が、映画の縦軸となった。
 犬のしつけには、大別すると2種類のやり方がある。罰を与えるしつけと、ご褒美を与えるしつけだ。くしくもしろえもんは、その両方を受けることになった。全身で喜怒哀楽を表す犬なので、それぞれのしつけを受けているときの様子は、見ものでもある。
 最初に受けたのは、人間の言うことを聞かなければ、体罰として、チョークチェーンという首輪代わりの鎖を引っ張られるしつけだった。一定の成果はあったものの、しろえもんには強いストレスがかかってしまう。 そこで今度は、言うことを聞けば、ご褒美として食べ物をもらえるしつけに切り替わる。食いしん坊なので喜んでしつけに取り組み、どんどん学習を重ねていく。
 ところで、「しつけ」というと、犬に行儀を教え込むもの、そんな印象があるだろう。だが、褒めて伸ばすしつけでは、飼い主が犬の性質を学ぶことも、大きな割合を占めている。
 映画でも、しつけを通して、しろえもんと施設スタッフがお互いに理解を深め、笑顔が増えていく様子を描いた。そこには異なる種である人間と犬が、共存するための知恵があるように感じた。

 

「命の教室」の子ども向け教材づくりのクラウドファンディング

2015.05.26 Tuesday

飯田です。久しぶりのブログ更新となってしまいました。
僕も関わっているFreePetsでは、「命の教室」の子ども向け教材づくりのクラウドファンディングを行っています。
https://readyfor.jp/projects/freepets

残り5日ですが、まだまだ支援が必要な状況です。
FreePetsには様々な分野で活動するメンバーが揃っており、とても華やかな印象ですが、実際には驚くほど地道に、そしてまじめに取り組んでいます。
学校に招いてもらったら、皆忙しい合間を縫ってパッと集まり、終わったらパッと各自仕事に戻る。
そんなことを繰り返しています。

ある小学校で「命の教室」をやらせてもらったとき、会場の体育館に向かって廊下を歩いていると、1年生の教室の壁に、将来の夢を描いた絵が掲示されていました。
ケーキ屋さん、お花屋さんなどが並ぶ中、それらに負けじと多かったのがペットショップです。
子どもたちが、お菓子やお花、動物が好きなのは、当然と言ってもいいでしょう。
しかし、「動物たちと関わりたい」という思いが、ペットショップというかたちでしか表わされなかったことに、大人や社会が彼らに何を伝えているのか、あらためて考えさせられました。

とはいえ、実際に行ける学校には限りがあります。
だからこそ、私たちが行かなくても授業ができる教材を作りたい、そんなことを思っています。

韓国のスンチョン湾国際動物映画祭で「犬と猫と人間と」1および2を上映します

2014.08.20 Wednesday

飯田です。
明日から始まる、韓国のスンチョン湾国際動物映画祭で、「犬と猫と人間と」と「犬と猫と人間と2」が上映されます。
お招き頂いたので、僕も明日21日から24日まで参加してきます。
向こうでどのように作品が観られるか、楽しみです。

「犬と猫と人間と2」ニュース Vol.14 その1

2014.07.28 Monday

 ******************************
 「犬と猫と人間と2」ニュース Vol.14  2014.7.25 発行
  発行:映像グループ ローポジション/合同会社東風
******************************
-----------------------------------------------------------
 1.韓国・スンチョン湾世界動物映画祭2014で上映決定!
-----------------------------------------------------------
 この度、韓国・スンチョンで昨年より始まった「スンチョン湾
 世界動物映画祭」で『犬と猫と人間と2』『犬と猫と人間と』の
 上映が決定いたしました!
 今年は8月21日(木)〜26日(火)に第2回目が開催されます。
 映画祭には飯田基晴監督(本作プロデューサー/『犬と猫と
 人間と』監督)がゲスト出演し、上映後のQ&A、捨て猫や捨て犬
 にまつわるトピックについてトークセッションに参加する予定
 です。
 
 「ANimal Film Festival in suncheon 2014」
  映画祭公式サイト:http://anffis.org/intro/index.html/
  ※2014年度版はまだ韓国語表記のみです。
 
 韓国では初めての上映です!
 作品がどう受けとめられるか、とても楽しみです。
-----------------------------------------------------------
 2.川内原発再稼動、その前に
-----------------------------------------------------------
 ご無沙汰して、2ヶ月ぶりの発行です。
 大暑を迎え暑さは厳しさをましてきましたが、日はだんだんと
 短くなって、蜩の声も聴こえて来るようになりました。
 
 季節がこうしてめぐるように、日本政治も“いつか来た道”へと
 逆戻りしていくのでしょうか。 
 7月16日、原子力規制委員会は九州電力川内原発1,2号機について
 新たな規制基準を満たすと認めました。新聞報道によると、
 10月にも川内原発の再稼動が可能になる、とのことです。
 30キロ圏内(「緊急時防護措置準備区域」)には7市2町に
 21万5千人が住んでいます。
 
 この地域の動物の状況を知りたくて、平成25年度末の犬の登録数を、
 原発が立地する薩摩川内市、隣接する阿久根市、いちき串木野市に
 問合せてみたところ、以下の回答をいただきました。
 
 【犬の登録数】
 薩摩川内市   5,689頭
 阿久根市    1,334頭
 いちき串木野市 1,558頭           
 
 映画の中で検討したように全国の犬の登録率58%(推計)から
 考えますと、3市にはおよそ15,000頭余りの犬が飼育されている
 と推定できます。猫もほぼおなじ数と考えると、3市には30,000頭
 余りの犬と猫が暮らしていると考えられます。
 放射能は円状に広がる訳ではありませんから、30キロ圏内を
 超えて避難が必要になることもあり、結局のところ、事故を起こ
 した場合の影響がどこまで及ぶかは、起きてみなければ分らない
 というのが実際です。
 福島の原発事故は、いまもって、誰一人としてその責任をとって
 いません。
 16日の記者会見で、官房長官は「原発の安全性は規制委員会に
 委ねている。個々の再稼動は事業者の判断で決めること」と
 述べ、規制委員長は「安全だということは、申し上げません。
 再稼動の判断にはかかわりません」と述べています。
 となると、事故が起きた時の責任は九州電力が取るのでしょうか。
 原発事故は、一民間企業が責任を負える話でないことは東京
 電力が証明しています。
 飯田監督とのペアで、僕は「逃げ遅れる人々 東日本大震災と
 障害者」というドキュメンタリーの製作にも関わりました。
 南相馬市の取材の際、災害時に限らず、平時にあっても支援の
 必要な「要援護者」の実態把握が如何に難しいかを知りました。
 そしてその「要援護者」こそ、災害時に取り残される人びとで
 あることを伝えました。
 
 鹿児島県知事は13日、要援護者の10〜30キロ圏の避難計画について、 
 「作ろうと思ったら時間をかけて空想的なものは作れるが、実際
 問題としてはなかなか機能しないだろう」と述べ、計画自体を策定
 しないとしています。
 
 "逃げ遅れる人々”は政治が生み出すものであり、それを避ける
 ことが出来るのも政治をおいて他にありません。
 
 「10月にも再稼動」
 
 政治が、多くの国民の不安や願いに応えることなく現実を塗り
 替え、塗りつぶしていこうとする。そんなおおきな力を前に
 私たちが出来ることは、事故が起きた時に備えることしか
 ありません。
 
 再稼動を語る前に、まずは原発事故で動物や人びとに何が起きた
 のか、起きているのかを、川内原発周辺にお住まいの方々に知って
 もらいたいと、強く切望しています。
 上映会を企画して下さるような方がいましたら、ぜひご紹介、
 ご連絡いただけましたら幸いです。
 
 (宍戸)    
 

「犬と猫と人間と2」ニュース Vol.14 その2

2014.07.28 Monday

  
-----------------------------------------------------------
 3.自主上映情報
-----------------------------------------------------------
 この夏から秋にかけても「犬と猫と人間と」「犬と猫と人間と2」
 の上映会が各地で予定されています。
 主催者の皆さま、本当にありがとうございます。
 

<近日開催予定の公開上映会はこちら>
 http://inunekoningen2.com/jyouei/schedule.html 

◇犬と猫と人間と◇

■鳥取県米子市

 日時:8月17日(日)14:00〜
 会場:本の学校 郁文塾
 住所:鳥取県米子市新開2-3-10
 会場HP:http://gakkou.imaibooks.co.jp/p/blog-page.html

 主催・お問合せ先:YONAGO犬猫救護ネットワーク
 mail: yonagoinunekoningen@yahoo.co.jp


◇犬と猫と人間と2◇

■千葉市

 日時:7月27日(日) 14:00〜
 会場:千葉市生涯学習センター
 住所:千葉県千葉市中央区弁天3-7-7
 料金:大人1,000円/小学生以下無料
 定員:300名
 主催・問合せ先:千葉市猫ボランティア連絡会
 http://cccvm.blog98.fc2.com/
 TEL:  080-3402-1956 
 
■東京都町田市
 
 「学生フェス 〜人と動物の関係について考える〜」

 日時:8月3日(日) 13:50〜
 会場:町田市民フォーラム
 住所:東京都町田市原町田4-9-8
 料金:500円
 主催・問合せ先:NPO法人フレンズ・オブ・アニマルズ
 mail: juncorokey@ezweb.ne.jp
 http://www.foajp.com/

■茨城県つくば市

 【いぬとねことにんげんと&犬と猫と人間と2 上映会】

 日時:8月10日(日) 
  スケジュール
  13:30〜「いぬとねことにんげんと」上映 
  14:15〜飯田監督、宍戸監督、絵本作家うささんによるトークショー
  15:00〜「犬と猫と人間と2」上映

 会場:つくば市立中央図書館アルスホール
 住所:茨城県つくば市吾妻2-8(つくば文化会館アルス2階)
 料金:500円
 主催・問合せ先:NPO法人動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN
 後援:茨城県動物指導センター
 TEL:090-6475-7085 
 mail: info@capinew.jp

■東京都杉並区

 【東日本大震災復興支援上映会in高円寺・カナデミア】
 
 日時:9月11日(木)  19:00〜
    10月9日(木) 19:00〜
     11月13日(木) 19:00〜 

  *本編上映前に、LYSTAさんの特別映像を15分程度上映します

 会場:ライブハウス・カナデミア
 住所:東京都杉並区梅里1-7-21 15ビルB1
 料金:1,500円
 主催・問合せ先:ライブハウス・カナデミア
 TEL:  03-5913-9903 
 mail: info@kanademia.com
 
 後援:LYSTA〜動物たちに光と再生を

 *最大20名とさせていただきますので、ご鑑賞をご希望の方は
  事前の申し込みをお願いします。電話はライブ開催中など、
    伝わりにくいことがありますのでご了承願います。
  収益の一部は、福島県の動物救護施設に寄付させていただきます。

■山口県山口市

 日時:10月11日(土) 11:00〜/14:00〜/18:30〜
 会場:山口県立山口図書館レクチャールーム
 住所:山口県山口市後河原150-1
 料金:前売り1000円/ 当日1300円/ 高校生以下800円
 主催・問合せ先:肉球生活向上委員会 With Wan 
 TEL:  083−932-6633 
 西京シネクラブ  TEL:083-928-268?8


【自主上映会募集!】
  
 自主上映会の企画、実施にあたりましては映画配給の
 プロ・東風の若手スタッフが丁寧にサポートさせていただきます。
 ぜひご一緒に上映会をつくりあげてみませんか?
 
<お問合せ&申し込み>
 合同会社 東風
 MAIL:info@inunekoningen.com
 TEL:03-5919-1542(平日11:00−18:00)
 FAX:03-5919-1543
 〒160-0022 東京都新宿区新宿5-4-1 新宿Qフラットビル306

<詳細>
 詳しくは、こちらの「上映会の手引き」をご覧ください。
 http://inunekoningen2.com/jyouei/ 


-----------------------------------------------------------
 4.DVD情報
-----------------------------------------------------------
 5月に発売しましたDVDは7月4日からレンタルもはじまりました。
 レンタルビデオ店に寄られた際はぜひ探してみて下さい!

 『犬と猫と人間と2 動物たちの大震災』DVDパッケージ
  ふたたび、いのちをめぐる旅が始まる。

  2014年5月24日(土)発売
  価格:¥3.800(税別)

 <特典映像 65分>
  ○−1年後の「犬と猫と牛と人間と」−
   ・石巻篇「絵画、飼主に帰る」8分
   ・福島犬猫篇「飯舘村−レスキューというよりケア−」16分
   ・福島牛篇「ふたりの牛飼い」10分
  ○完成上映会 出演者・スタッフ挨拶 17分
  ○予告編 2分
  ○ローポジション作品紹介 12分

 <封入特典>
  リーフレット
  
 2013年/16:9/104分/片面2層/リージョンフリー
 副音声:音声ガイド(視覚障害者向け)/英語字幕/
 日本語字幕(聴覚障害者向け) 品番:KKJS-176
 発売:映像グループ ローポジション 販売:紀伊國屋書店

 紀伊國屋書店ウェブサイトにて販売中!
 http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-10-4523215109826 


-----------------------------------------------------------
 5.映画製作にご寄付下さった皆さまへ
-----------------------------------------------------------
 前回のメールマガジンでもご案内させていただきましたが、
 再度お知らせいたします。
 映画製作にあたり、2012年7月から12月までご寄付を募らせて
 いただきました。
 ご支援下さいました皆さま、本当にありがとうございました。

 1万円以上のご寄付を下さった方へ5月にDVDを送らせて頂いた
 のですが、いまでも時々返送されてくることがございます。
 もし、「まだ届いてない」という方がいらっしゃいましたら
 お名前とご住所を下記のアドレスまでご連絡ください。

 mail:info@inunekoningen.com
 
 また、下記8名の方のご住所が分らずにいます。
 お心当たりある方はご一報いただけますようお願いいたします。
  
  姓・名            振込日       
    
 ウエダさま         2012年7月23日
 マスダさま         2012年8月3日 
 イシハラさま        2012年8月17日 
 ヨシダさま(兵庫県三田市) 2012年8月23日 
 ヤマモトさま        2012年9月10日  
 キジマさま         2012年12月5日  
 ナガイワさま        2013年1月8日   
 タニカワさま        2013年1月10日 

-----------------------------------------------------------

■映画の公式Facebookページはこちら!
 http://www.facebook.com/inunekoningen2 

 イベントや上映情報などを随時更新していきます。
 映画を観た感想などもお寄せ頂けましたら幸いです。

 以上、詳しくはHPで! http://www.inunekoningen2.com/ 
 転送・転載大歓迎です。

「犬と猫と人間と」1&2自主上映情報

2014.05.23 Friday

6月以降、「犬と猫と人間と」が1件、「犬と猫と人間と2」が公開・非公開を合わせ7件、上映予定です。
映画の醍醐味のひとつは真っ暗な会場でスクリーンを見つめること。知らない人同士がその時間を共有すること…。
DVDでは味わえない上映会の魅力を、あなたも堪能してみませんか?

<近日開催予定の公開上映会はこちら>
http://inunekoningen2.com/jyouei/schedule.html 

◇犬と猫と人間と◇

■東京都中央区
日時:6月15日(土) 12:00〜/17:00〜
会場:東急ハンズ銀座店7F インスピレーションコーナー
住所:東京都中央区銀座2-2-14 マロニエゲート5〜9F
主催・お問合せ先:一般社団法人 盲導犬総合支援センター
HP: http://www.goguidedogs.jp
TEL:  03-5452-1323 
Mail: iwama@goguidedogs.jp


◇犬と猫と人間と2◇

■山形県高畠町
日時:6月22日(日)10:30〜/13:30〜
会場:荒町公民館
住所:山形県東置賜郡高畠町
主催・お問合せ先:昭和縁結び通り振興会
TEL:  080-1834-8350(高橋)

■東京都国分寺市
日時:6月22日(日)14:00〜
会場:国際文化理容美容専門学校 国分寺校
住所:東京都国分寺市南町3-22-14
料金:無料
主催・お問合せ先:社会福祉法人 国分寺市社会福祉協議会
TEL:  042-300-6363 
Mail: center@ko-shakyo.or.jp

■神戸市
日時:6月29日(日)14:10〜
会場:北神区民センター
住所:兵庫県神戸市北区藤原台中町1-3-1
料金:1,000円
主催・お問合せ先:NPO法人青年協議会関西神戸支部
TEL:  080-1492-8359 (朴)
Mail: seinenkyougi.kansai@gmail.com

■東京都東久留米市
【東久留米ドキュメンタリー映画祭実行委員会3】
※1回目と2回目の会場が異なります。ご注意ください。
日時:6月29日(日)
上映1回目:10:00〜
会場:東久留米市立南部地域センター
住所:東京都東久留米市ひばりが丘団地185 

上映2回目:18:30〜
会場:市民プラザ
住所:東京東久留米市本町3-3-1 1F市民プラザ
料金:1,000円
主催・お問合せ先:東久留米市ドキュメンタリー映画祭実行委員会
TEL:042-470-7813 
Mail: plaza-w@biscuit.ocn.ne.jp

■千葉市
日時:7月27日(日) 14:00〜
会場:千葉市生涯学習センター
住所:千葉県千葉市中央区弁天3-7-7
料金:大人1,000円/こども無料
主催・問合せ先:千葉市猫ボランティア連絡会
TEL:  080-3402-1956 
Fb:http://p.tl/BcFv

■茨城県つくば市
【いぬとねことにんげんと&犬と猫と人間と2 上映会】
日時:8月10日(日) 
予定スケジュール:
13:30〜「いぬとねことにんげんと」上映
14:15〜飯田監督、宍戸監督、絵本作家うささんによるトークショー
15:00〜「犬と猫と人間と2」上映
会場:つくば市立中央図書館アルスホール
住所:茨城県つくば市吾妻2-8(つくば文化会館アルス2階)
料金:500円
主催・問合せ先:NPO法人動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN
後援:茨城県動物指導センター
MAIL: info@capinew.jp
TEL:090-6475-7085 

自主上映会募集!
「経験が無いので不安」、「お客さんが集められないかも」etc。
そんな悩みや不安には映画配給の仕事師,東風の若手スタッフたちが優しく丁寧にサポートいたします。
ぜひご一緒に上映会をつくりあげてみませんか?
詳しくは、こちらの「上映会の手引き」をご覧ください。
http://inunekoningen2.com/jyouei/

<お問合せ&申し込み>
合同会社 東風 MAIL:info@inunekoningen.com
TEL:03-5919-1542(平日11:00−18:00)FAX:03-5919-1543
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-4-1 新宿Qフラットビル306
 

5/17(土)も横浜で「犬と猫と人間と2」上映会があります。

2014.05.15 Thursday

5/10(土)は横浜のおくだ動物病院での「犬と猫と人間と」上映会でした。定員30人ほどの小規模な上映でしたが盛況でした!
企画してくれたのは、大倉山ドキュメンタリー映画祭実行委員会でご一緒している薩田いずみさん。

映画祭名物の手作りケーキをここでも用意してくださり、上映後の休憩ではコーヒーやお茶とともに美味しくケーキをいただきました

そして休憩後に、参加者の皆さんに小グループに分かれてもらい、それぞれに感想を語り合ってもらいました。
とてもいい感じで話し合っていたので、予定より延長してしまいましたが、その後で、映画のこと、動物のことなど、質疑応答させてもらいました。
アットホームな雰囲気で充実した時間となったのではないかと思います。

今週、5/17(土)にも同じ時間と場所で、今度は「犬と猫と人間と2 動物たちの大震災」を上映していただきます。
また僕も伺いますし、好評だった小グループでの語り合いもできたらいいなと思っています。
ご興味ある方はぜひ!

「犬と猫と人間と2 動物たちの大震災」上映会

日時:2014年5月17日(土)18時〜21時(17時半開場)

※飯田基晴(プロデューサー)、越久田活子(おくだ動物病院・獣医師)のトークと、参加者を交えたディスカッションあり。

場所:おくだ動物病院「進盟ルーム」2F 横浜市緑区鴨居5-26-8
JR鴨居駅より、市営バス56系、124系「鴨居町」下車目の前
www.oamc.co.jp

参加費:1500円  定員:30名

主催・詳細お問合わせ tel:090-2257-4895(薩田)
E-mail:noichigo.0428(a)docomo.ne.jp
※(a)を@に変えて、お問い合せください。

書籍「犬と猫と人間と いのちをめぐる旅」が電子書籍化!

2014.05.09 Friday

2010年に出した書籍「犬と猫と人間と いのちをめぐる旅」が電子書籍として読めるようになりました。
価格も税込み864円と書籍の半分ほどです。よろしければこの機会にぜひ。
電子版の購入は、
eBookJapan
紀伊国屋書店ウェブストア

などでご購入頂けます。
その他の購入先は、「hon.jp/」でご確認ください。

「犬と猫と人間と2」DVD発売記念上映会、6/1(日)AM10時〜、シネマジャック&ベティにて!

2014.05.09 Friday

※6/1の上映時刻が決まりました。AM10時からです。早い時間帯ですがご都合つきましたらぜひ。

飯田です。
6月1日(日)に横浜のシネマジャック&ベティで、「犬と猫と人間と2 動物たちの大震災」DVD発売記念上映会を開催いたします。
この日はトークショー、出来上がったばかりのDVD販売に加え、DVDのために作成した音声ガイドをつけて上映を行います!

音声ガイドつき上映とは、場面解説のナレーションをFM電波で発信し、ラジオで音声ガイドを聞きながら映画を鑑賞できるという仕組みです。音声ガイドは主に視覚障害がある方に向けて作られますが、音声による場面描写は、時に思わぬ想像力の広がりを私たちにもたらします。

実際に僕も体験してみましたが、何度も観た作品でも(自分が手がけた作品でも!)、目を閉じて音を頼りに鑑賞すると、とても新鮮に感じられます。
今回の音声ガイドはジャック&ベティで活動する、ヨコハマらいぶシネマの皆さんと僕で、こだわりまくって作り上げた自信作です!
ラジオはご持参頂いたものも使えますし、劇場内で無料貸し出しも行っています。
すでに映画は観たという方も、この機会にぜひ、音声ガイドの世界を体験してみませんか?

<「犬と猫と人間と2 動物たちの大震災」DVD発売記念上映会>

日時:6月1日(日)AM10時〜

場所:シネマジャック&ベティ
        (横浜市中区若葉町3-51 京浜急行線 黄金町駅下車 徒歩5分)
TEL:045-243-9800  http://www.jackandbetty.net/

※音声ガイドつき上映
上映後、宍戸大裕監督と飯田基晴プロデューサー、および音声ガイド製作のヨコハマらいぶシネマによるトークあり
http://inunekoningen2.com/
料金:¥1,000 (映画の日のため一律)

会場では「犬と猫と人間と2」DVDおよび関連商品も販売いたします。

「犬と猫と人間と2」公式サイト
http://inunekoningen2.com/

「犬と猫と人間と2」DVD鋭意製作中!

2014.04.07 Monday

飯田です。このところFacebookに情報をアップして済ませてしまうことが増え、ブログの更新が減ってしまっています。
以下もさきにFacebookに上げてしまいましたが、こちらでも。

DVDパッケージをきちんと仕上げ、発売するまでには、いろんなところの協力が必要になる。

今回の「犬と猫と人間と2」DVDはできる限りバリアフリーに対応した仕様にしたいと思ったので、それが更に増える。
販売元の紀伊國屋書店、音声ガイドを作ってくれるヨコハマらいぶシネマ、その録音をお願いしたヒポコミュニケーションズ、デザイナーの成瀬さん、オーサリングとプレスの会社日本トラステック、英語字幕と日本語字幕製作の会社アウラ、そしてもちろん配給の東風や特典映像を作る宍戸監督・・・。
地道な作業だが、ちょっと準備不足だったり、ちょっとこだわると、そのしわ寄せがあちらにもこちらにも向かう。ごめんなさい・・・。そして、手間が増えれば費用もかさむ・・・。
 
来月発売の「犬と猫と人間と2」DVD、多くの人に支えられていいものになりそうです。
ぜひ多くの人に見てもらえるといいな・・・。