スポンサーサイト

2019.09.17 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

『日曜日の子供たち』横浜・鶴見上映!

2019.09.17 Tuesday

堀田泰寛監督作品『日曜日の子供たち』が、11月4日(月・祝)に横浜市の鶴見公会堂で上映されます。
2年前に横浜シネマリンで開催した特集上映「ハマを見つめたドキュメンタリー映画 ―変わりゆく街、子どもたち」でも上映させてもらいましたが、横浜キネマ倶楽部さんのおかげで、ついに映画の舞台である鶴見で上映されることになり、僕も感慨深いものがあります。


堀田さんからローポジションの事務所でこの作品を見せてもらってから、5年が経ちました。それ以来、この映画の不思議な魅力について考え続け、ことあるごとに堀田さんともお話させてもらってきた気がします。
2017年に作品紹介を書かせてもらい、今回の上映に向けて解説を書かせてもらいました。


この類まれな映画をぜひ多くの方にご覧頂けたら幸いです。

 

飯田基晴

 

 

『日曜日の子供たち』

 


1980年 / 日本映画 / モノクロ / 103分 /  ブルーレイ上映 
監督・撮影・編集:堀田泰寛

 

【作品紹介】
舞台は1970年代の横浜市鶴見区の東京湾に面した空地(現在の『鶴見川河口末広水際線プロムナード』付近)。周囲には工場が立ち並び、時に光化学スモッグが生じ、岸辺に汚れた海水が押し寄せる。そんなことはお構いなく、日曜日になると遊びに来る子供たち。走り、取っ組み合い、海に石を投げ、海を見つめる・・・。そんな子供たちの背後にある何かの予感。映画キャメラマン・堀田泰寛が通い続け、撮り溜めた記録は、8年をかけ、鈍く輝く抒情詩のような映画に結実した。

【解説】
この作品は、問題を告発することも、子供の成長を描くこともしない。名も知らぬ多くの子供たちが無心に遊び、ふと佇む姿から「子供」という存在のありようが生き生きと浮かび上がる。それは、観る者に自分の子供時代も含めて様々に思いを巡らす、稀有な映画体験をもたらす。子供が子供らしくいられる環境を守れているのか?堀田泰寛の眼差しは今も私たちに問いかけている。

 

 

この映画の音楽を担当したピアニストの宮沢明子さんが、本年4月23日に亡くなられました。素晴らしい演奏で、映画の子供たちに命を吹き込んでくれたことに感謝し、謹んで哀悼の意を表します。[堀田泰寛〕

 

横浜キネマ倶楽部 上映情報
https://ykc.jimdo.com/

『犬と猫と人間と』10周年記念上映イベント

2019.04.02 Tuesday

早いもので、映画「犬と猫と人間と」の完成・公開から今年で10年が経ちます。

日本の犬と猫を取り巻く状況は、この10年間で大きく変わったこともあれば、変わらぬ課題、新たな課題も見られます。

『犬と猫と人間と』10周年を記念して、ヤマナシヘムスロイドの牧さんとともに、映画上映とトークのイベントを企画いたしました。

トークの時間をたっぷり取っており、参加者の方とともに話し合うようなイベントにできたらと思っております。

会期中はロッタ ・スピュートさんの個展をメインに、他にもミグノンの譲渡会やワークショップも開催されます。

よろしければぜひご参加ください。

 

<『犬と猫と人間と』10周年記念>
日本のペット産業と殺処分の現状を描いた衝撃のドキュメンタリー映画『犬と猫と人間と』から10年でどう変わったのか? 新しい課題は?

飯田基晴監督と共に「犬猫と共存への道」を考え、語り、希望を紡ぐ2日間!

 

 4/26(金)最新作『地域猫活動のすすめ』上映会&トーク (監督・飯田基晴&「地域猫」提唱者:黒澤泰氏)
 18:30開場 19:00上映開始 参加費:1,500円(ドリンク付)

 

 5/3 (金)『犬と猫と人間と』上映会&トーク (監督・飯田基晴&神奈川県動物愛護協会・山田佐代子会長)
 18:30 開場 19:00上映開始 参加費:2,000円(寄附代500円込)

 

各回問合せ・予約先:loolifuka@gmail.com
ミモザギャラリー  NPO法人ヤマナシヘムスロイド
107-0061 東京都港区北青山1-5-15 YHIビル1F
Tel 03-3470-3119 Fax 03-3470-2669

http://yhi1971.org/​

 

 

第12回大倉山ドキュメンタリー映画祭にて「和力」上映!

2019.03.08 Friday

 

まもなく第12回大倉山ドキュメンタリー映画祭が開催されます。
僕は2010年の第3回にゲストで招かれて、その翌年実行委員会に入ったので、気がつけばちょうど10回目の参加となります。
よく続けてきたなぁと思います。

今年は久しぶりに自分の作品を上映してもらいます。

 

 

「和力」は僕にとって初の音楽ドキュメンタリーで、思い入れもあり、気に入っている作品ですが、DVD販売が中心で、なかなか上映の機会がありませんでした。

今回は伊勢さんの「朋あり。」と並べて上映し、両作品の音響を手がけた米山靖さんを迎えての録音技師トークもあります。

音楽好きな方には、この機会にぜひご覧頂けたらと思います。

 

また今回上映する「水俣   患者さんとその世界」も僕にとって思い入れのある作品です。学生時代に初めて観たドキュメンタリー映画のひとつで、それは僕にとって「観た」という言葉では言い表せぬような「体験」でした。

僕がドキュメンタリー映画の力を信じるのは、この体験があるからだと思っています。

この映画祭に関わるようになってからは、いつかこの作品を上映したいと思い続けてきました。

 

 

もちろん、他の作品も、どれもご覧頂きたいものばかりです。

気持ちのよい映画祭になるよう、実行委員会一同取り組んでいます。

よろしければぜひ足を運んでください。

 

大倉山ドキュメンタリー映画祭公式ブログ

http://o-kurayama.jugem.jp